シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/3年次演習2
(Seminar2(3rd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
経営戦略論:ビジネス・モデル・デザイン 
担当者 (Instructor) デイヴィス,S(DAVIS,SCOTT T.)
レヘトネン ミーッカユハニ(LEHTONEN, MIIKKA JUHANI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) A303(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
GBU3010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マネジメント領域 
テキスト用コード (Text Code) BT461 



授業の
目標
Course
Objectives
マネージメントには「アート:芸術 (Aesthetic and Empathetic Sensitivity) 」に求められる高度な感受性と表現力、「サイエンス:自然科学 (Scientific Observation and Experimentation)」に求められる客観性と分析能力、そして専門分野としての経営学の「技術:ノウハウ (Applied Knowledge and Skills)」の3つの要素が必要であると言われます。
本演習は、学生がビジネスを独自の視点から分析・計画・提案するために必要な「診る」、「考える」、そして「語る」力を養成することを目的としています。 
It is said that management requires these three skills—Art: The sensitivity and expressive power required for “aesthetic and empathetic sensitivity,” Science: the objective and analytical ability required for “scientific observation and experimentation,” and Know-how: the specialized area of business management dealing with “applied knowledge and skills.”
The purpose of this seminar is to foster the ability to "see," "think," and "tell;” these are skills which are necessary to analyze, plan and propose a business from a unique perspective. 
授業の
内容
Course
Contents
社会価値を創造できるビジネスモデルを診る、リフレーム、そして提案するのに必要な経営戦略の理論と実践を習得すること。参加者はグループによるケース及び調査研究を通じて、経営戦略とその再構築に対する理解を深める。 
Students will examine business models that can bring about social value, then learn the necessary strategic management theories and practical skills to reframe and propose. In groups, participants will gain a deeper understanding of management strategy and its reconstruction through case studies and surveys.
The course schedule shown below is tentative and may be changed at the discretion of the instructor as the course progresses. 
授業計画
Course
Schedule
1. テーマ1:モデルイノベーション計画 
2. SCAMPER分析:ゼミ参加者による発表、討議 
3. SYNECTICS分析:ゼミ参加者による発表、討議 
4. モデルイノベーション計画 結果発表 
5. テーマ2:モデルイノベーション評価 
6. アセット分析:ゼミ参加者による発表、討議 
7. シナジー分析:ゼミ参加者による発表、討議 
8. モデルイノベーション評価 結果発表 
9. テーマ3:リフレーミング提案 
10. モデル再構築計画:ゼミ参加者による発表、討議 
11. モデル再構築戦略:ゼミ参加者による発表、討議 
12. 価値創造マッピング:ゼミ参加者による発表、討議 
13. リフレーミング提案 結果発表 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自の研究テーマに応じて、適宜指示します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業期間内の発表・レポート(50%) 、ディスカッション(50%)
備考(Notes)
 
テキスト
Textbooks
各自の研究テーマに応じて、適宜指示します。
参考文献
Readings
各自の研究テーマに応じて、適宜指示します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
ゼミのホームページ: https://d-zemi.jp

Students enrolled in this course will be expected to actively participate in team work in cooperation with other students enrolled in this (and in some cases from other) seminar classes, and to act in an ethical and responsible manner. Academic misconduct will not be tolerated. Absences will negatively impact grades. 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP