シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/3年次演習2
(Seminar2(3rd year)) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
組織における人材開発・人材教育 
担当者 (Instructor) 中原 淳(NAKAHARA JUN) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) 9B01(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS3010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マネジメント領域,コミュニケーション領域 
テキスト用コード (Text Code) BT473 



授業の
目標
Course
Objectives
組織における人材開発・人材教育の基礎知識・基礎理論を学ぶとともに、それらを応用して、協力企業等の人材開発課題を分析し、提案を行う。 
In this course, students will learn the basic concepts and basic theory of human resource development/personnel training, and apply that knowledge to analyze the HR development issues at cooperating companies and propose a solution. 
授業の
内容
Course
Contents
組織における人材開発・人材教育を専門とするゼミである。人材開発とは、「組織が、戦略や目標を達成するために、自社の従業員の学習を組織化・秩序化すること」をさす。安定的な事業運営を行うためには、人材開発の営みを組織内にビルトインすることが求められる。このゼミでは、人材開発の基礎知識・基礎理論を学び、それらについてディスカッションするとともに、そうした知識を活用した課題解決プロジェクトを行うものとする。本ゼミ最大の特徴は、学生自らが「主体的な学び手」として教員とともにゼミをつくりあげていくことにある。積極的で意欲的な学び手を期待する。 
This seminar specializes in human resource development and personnel training within an organization. Personnel development refers to organizations organizing and ordering the learning of their employees to carry out strategies and reach goals. Personnel development activities need to be built into the organization for stable business administration. In this seminar, students will learn basic concepts and theory in human resource development. We will host discussions and apply this knowledge in problem solving projects. The main feature of this seminar is that the student plays an active and integral role in the running of the class and creates the content of the seminar in conjunction with the instructor. Students are expected to be proactive and eager. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロダクション 
2. 事例研究1 
3. ディスカッション 
4. 事例研究2 
5. ディスカッション 
6. 文献購読 
7. 文献購読 
8. プレゼンテーション中間発表 
9. ディスカッション 
10. 文献購読 
11. 文献購読 
12. 事例研究3 
13. ディスカッション 
14. プレゼンテーション最終発表会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回授業準備を必要とする。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
ゼミ運営・ディスカッションへの貢献(60%) 、輪読などの分担・プレゼンテーション(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
http://www.nakahara-lab.net/ 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP