シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/卒論演習1
(Seminar on Thesis Writing 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
マーケティングの理論的・実践的理解 
担当者 (Instructor) 有馬 賢治(ARIMA KENJI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) 研究室(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS4810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マーケティング領域 
テキスト用コード (Text Code) BT502 



授業の
目標
Course
Objectives
マーケティングの現象を各自で論理的に分析し論文にまとめることができる。これまでに学んだマーケティングに関わる理論、事例、歴史に加えて、経営学の基礎知識、応用的理解を駆使して各自が大学時代に身に着けた知識の集大成を目指す。 
Students will individually be able to logically analyze marketing phenomena and summarize them in a paper. The goal of this seminar is for students to utilize the marketing theories, cases, history, and basic knowledge of business management, practical understanding that they have studied up until now and to compile the knowledge they have each gained during their university days.  
授業の
内容
Course
Contents
個別に各人のテーマに応じて卒業論文を仕上げる。マーケティングに関わる文献、論文、ケース、史料などの読み込みを進め、中間報告を適宜実施する。その際に、全体像の説明、個別事象のデータ、アンケートなどによる調査分析などの論文執筆に関わるリテラシーを助言し、本人が自力で論文を執筆できるように指導していく。 
Each student will complete their graduation thesis based on their individual theme. Students will continue their study of literature, papers, cases, and historical records relating to marketing, and conduct an interim report as appropriate. We will advise students on how to improve their literacy related to paper writing such as research analyses that take into account surveys, theme-specific data, and how to encapsulate the whole picture, and instruct them in how to write papers by themselves.  
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 個人発表① 
3. 個人発表② 
4. 個人発表③ 
5. 個人発表④ 
6. 個人発表⑤ 
7. 中間報告会 
8. 個人発表⑥ 
9. 個人発表⑦ 
10. 個人発表⑧ 
11. 個人発表⑨ 
12. 個人発表⑩ 
13. 個人発表⑪ 
14. 発表会 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自のテーマに応じて、資料取集、分析、レジュメの準備を行うこと。特に、一次資料の収集には十分な時間を割き、オリジナリティの高い論文が出来上がるように努力することが望ましい。近年ではインターネットを利用したアンケートの実施が手軽に実行できるので、各自の調査票を授業時間内に確認したのちには速やかに調査を実施していくことが望まれる。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(40%) 、報告(60%)
テキスト
Textbooks
適宜指示する。
参考文献
Readings
適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP