シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/卒論演習1
(Seminar on Thesis Writing 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
国際経営の理論と応用 
担当者 (Instructor) 尾﨑 俊哉(OZAKI TOSHIYA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) X207(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
GBU4810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マネジメント領域,コミュニケーション領域 
テキスト用コード (Text Code) BT504 



授業の
目標
Course
Objectives
文献の講読とプロジェクトの発表を通して,国際経営を考察する重要な理論を概観できるようになる。国際経営の直面する今日的な課題を理解する。より高度な理論を学び、これを踏まえた具体的な企業の国際化の考察を行い,自分の言葉で洞察を導くことができるようになることをめざす。同時並行して取り組む卒業論文プロジェクトと有機的にリンクし,同プロジェクトの進行を支援する。 
By completing the assigned readings and the project presentation, you will be able to get a general overview of the theories that are important when considering international business. Students will understand the current challenges facing international businesses. Students will learn more advanced theories and based on these, consider a specific example of the internationalization of business. The aim of this seminar is for students to then be able to glean their own insights and communicate them in their own words. The project and graduation thesis are organically linked, and working on the two simultaneously will support their progression.  
授業の
内容
Course
Contents
国際経営を考察する重要な諸理論を,大きく国の違いを把握するものと,異なる国における組織と市場の関係性を理解するものに分け,これらを講読を通して概観する。そのうえで,国際経営の直面する今日的な課題について,理論を踏まえた考察を行い,洞察を導く。ゼミ生の卒業論文プロジェクトと連動した文献講読とプロジェクトの発表の機会を提供する。 
Students will roughly classify theories integral to understanding international business into two groups: the ones with which differences among countries are understood, and the others with which the relationship between the organization and markets of different countries are understood. Students will get a general overview of these theories through readings. Based on that, students consider the current challenges facing international businesses today and make insights into those problems grounded in theory. Students in this seminar will have the opportunity to read the literature and to present their project in conjunction with the graduation thesis project.  
授業計画
Course
Schedule
1. はじめに 
2. 理論とはなにか 
3. 国の違いをめぐる理論(1) 
4. 国の違いをめぐる理論(2) 
5. 国の違いをめぐる理論(3) 
6. 組織と市場をつなぐ理論(1) 
7. 組織と市場をつなぐ理論(2) 
8. 組織と市場をつなぐ理論(3) 
9. 理論の応用(1) 
10. 理論の応用(2) 
11. 理論の応用(3) 
12. 理論の応用(4) 
13. まとめ(1) 
14. まとめ(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
クラス参加(40%) 、中間発表(30%) 、期末レポート(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
くわしい文献リストは,初回に配布するシラバスを参照
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
初回に詳しい説明を行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP