シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/卒論演習1
(Seminar on Thesis Writing 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 高岡 美佳(TAKAOKA MIKA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) A202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS4810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マーケティング領域 
テキスト用コード (Text Code) BT510 



授業の
目標
Course
Objectives
 論文の作成プロセスを通じて,「人間にとって知的好奇心を満たすことがいかに楽しいことか」を実感すること。また,具体的な資料収集の方法,フィールドワークの仕方,課題のみつけ方,構成についての基本的な考え方,文章を書くコツなどを覚えることで,自分の意見を適切に人に伝える能力を習得する。 
 Through the process of writing papers, students will get a solid sense of “how fun it is to satisfy one’s intellectual curiosity.” Also, students will learn tangible ways to gather materials, ways to carry out fieldwork, ways to find topics, basic concepts in structure, and tricks to writing to acquire the skills needed to convey their own opinions to others. 
授業の
内容
Course
Contents
 ゼミは,知性と創造性をやしなう「場」です。社会科学を学ぶ上では,新聞を読んだり,講義で教員が話すことを覚えるよりも,自分で問題を発見してそれに対する一定の答えを導き出し,それを説得的に人に示すことの方が重要です。論文を執筆するにあたって,「ことば」や「概念」を吟味し,論理性を確保するために論文の構成を何度も組み替えるプロセスを経験することで,2年次演習や3年次演習で培った能力に加えて,論理的な思考力や物事を普遍化・相対化する能力が身につきます。 
 Seminars are the place to cultivate intelligence and creativity. In the study of social sciences, compared to simply reading newspapers or memorizing what instructors tell you in lectures, it is more important to discover problems on your own, derive specific answers, and persuasively present those answers to people. Students will examine “words” and “concepts” when writing their papers. Also, students will apply the skills they cultivated in their second and third years by the process of rearranging the structure of papers in order to ensure their own papers are logical. When writing papers, students will develop their ability to think critically, and gain skills in generalization/relativization. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 論文の書き方講座① 資料の収集について 
3. 論文の書き方講座② 課題と分析視角の重要性について 
4. 論文の書き方講座③ 既存研究のレビューについて 
5. 論文の書き方講座④ 構成について 
6. 論文の書き方講座⑤ 文章の書き方について 
7. 論文の書き方講座⑥ 参考文献とデータの取扱いについて 
8. レジュメ検討会① 
9. レジュメ検討会② 
10. 外部講師によるアドバイス 
11. 執筆過程における個別アドバイス① 
12. 執筆過程における個別アドバイス② 
13. 執筆過程における個別アドバイス③ 
14. 卒業論文演習から何を学んだか 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
 毎回,前回までのシラバスを確認し復習しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
参加度(40%) 、検討会での発言(30%) 、レジュメ提出(30%)
テキスト
Textbooks
 未定
参考文献
Readings
 未定
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP