シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/卒論演習2
(Seminar on Thesis Writing 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 佐々木 宏(SASAKI HIROSHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) 6406(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS4810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) コンセントレーション:マーケティング領域,マネジメント領域 
テキスト用コード (Text Code) BT557 



授業の
目標
Course
Objectives
各自卒論のテーマに即してリサーチを進め、卒業論文を完成させる。 
Students are required to complete their data analysis and write their graduation thesis. 
授業の
内容
Course
Contents
各自設定した卒論テーマに応じて個別指導を行い,論文を完成させる。それぞれ原則,月1回プレゼンを行って研究を完成させていく。他のゼミ生からもフィードバックをもらい、いろいろな考えを聞いて、客観性の高いロジックを構築していくことが重要である。
秋学期は、春学期に行ってきた卒論のテーマに即してデータ収集と分析を行い、論文に集約させていく作業になる。分析手法については、データ収集前に担当教員と相談して決めておき、分析の筋道を明確化しておくことが必要である。 
In the fall semester, students will collect and analyze data, summarize findings, and finally complete their graduation thesis. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション 
2. 卒論内容の報告とディスカッション1 
3. 卒論内容の報告とディスカッション2 
4. 卒論内容の報告とディスカッション3 
5. 卒論内容の報告とディスカッション4 
6. 卒論内容の報告とディスカッション5 
7. 卒論内容の報告とディスカッション6 
8. 卒論内容の報告とディスカッション7 
9. 卒論内容の報告とディスカッション8 
10. 卒論内容の報告とディスカッション9 
11. 卒論内容の報告とディスカッション10 
12. 卒論内容の報告とディスカッション11 
13. 卒論内容の報告とディスカッション12 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各自,卒論テーマに応じた調査を進める。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
参加度(50%) 、報告(50%)
テキスト
Textbooks
各自のテーマに応じて指定します。
参考文献
Readings
各自のテーマに応じて指定します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP