シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
その他/卒論演習2
(Seminar on Thesis Writing 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) シュールズ,D(SCHULES,DOUGLAS) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 3時限(Period 3) X105(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
GBU4811 
使用言語
(Language)
英語
(English) 
備考 (Notes) コンセントレーション:コミュニケーション領域 
テキスト用コード (Text Code) BT571 



授業の
目標
Course
Objectives
1) 学んだ理論を実際の状況に応用する
2) 分析的ライティングスキルの開発 
1) Students will apply the theories they have learned in practice
2) Students will develop their analytical writing skills 
授業の
内容
Course
Contents
ゼミ最終学年では、学生はプロジェクトを終え、ニューメディアチャンネルを通した作品について気づきを促します。この段階でのゼミは主に実践的な内容になります。今まで学んできたメディアについてのコンセプトを応用し、また新しい方法でメディア理論をビジネスの場で応用できるような内容になっています。同時に、学生は卒論のトピックとなる1分野を選択します。

最初の学期はプロジェクトを完成させることに集中し、2学期目は卒論に関するワークショップにフォーカスします。 
In this final year seminar, students will finish their projects, and raise awareness with respect to their finished products through new media channels. At this stage, the seminar is mainly practically based. In this course, students will apply the concepts they have learned up until the present, and also become able to apply media theory using new methods in a business setting. At the same time, students will select the topic for their graduation paper in one field.

The first semester will focus on completing the project, and the second semester will focus on workshops relating to the graduation paper. 
授業計画
Course
Schedule
1. レビュー 
2. 論文説明  
3. ワークショップ 1 (論文の内容のプレゼン) 
4. ワークショップ 2 (参考文献)  
5. ワークショップ 3 (ピアレビューとフィードバック) 
6. 中間発表 
7. 中間発表 
8. ワークショップ 4  
9. ワークショップ 5 (序論の書き方) 
10. ワークショップ 6 (結論の書き方) 
11. ワークショップ 7 (ピアレビューとフィードバック) 
12. 発表 
13. 発表 
14. 発表  
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
論文, 先生と相談 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
プロジェクト(50%) 、参加、出席(20%) 、小論文(30%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP