シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動またはその他/BL1
(Business Leadership 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
論理思考とリーダーシップ 
担当者 (Instructor) 舘野 泰一(TATENO YOSHIKAZU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) 4151(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS1510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 経営学科:自動登録
国際経営学科:「その他」登録 
テキスト用コード (Text Code) BT602 



授業の
目標
Course
Objectives
論理思考力はリーダーシップ発揮に強力な助けとなる。この基礎を身につけて今後の大学生活や卒業後において、さらにリーダーシップを発揮できるようにする。また論理思考を活用したリーダーシップをプロジェクトにおいても発揮できるようにする。  
The ability to think logically and critically is a great help in leadership. In this course, students will learn the basics of this so that they will be able to demonstrate it in their projects for high school students, their college life from now on and after graduation.  
授業の
内容
Course
Contents
(1)論理思考の基礎を習得する − ロジックツリーを使って考えるプロセスを身につける。
(2)相手に理解してもらえる伝え方を習得する − ロジックツリーを活用して相手に伝える。
(3)他者を理解し、巻き込む力を高める - 他者の視点から物事を捉えることで、人が動きやすい状況を作るための方法を学ぶ。
(4)有効な解決策を考え出す力を高める - 原因の深掘りと解決策の実効性の関係を理解する。
(5)実践的な題材とグループワークにより、リーダーシップ開発を行なう。  
(1) Learn the foundation of logical thinking by being accustomed to the thought process with logic trees.
(2) Learn how to communicate others to make oneself understood using logic trees.
(3) Increase the capability to understand and involve others by looking at things from others' views and making situations where they can easily be engaged.
(4) Increase the capability to develop effective solutions by understanding the relationship between deepening causes and effectivity of solutions.
(5) Develop leadership skills through practical subjects and group works. 
授業計画
Course
Schedule
1. キックオフ、論理思考とは(1)  
2. 論理思考とは(2) 
3. 相手に理解してもらえるように伝える 
4. 問題を解決する 
5. 人を巻き込む 
6. 高校生BL1キックオフ、プロジェクトを設計する 
7. 要件を把握する 
8. 論理思考で「スッキリ」を作り出す 
9. 異なる視点から確認する 
10. 理解とやる気を高める授業を作る 
11. 全体を最適化する 
12. 実践:論理思考を教える(高校生BL1当日) 
13. 振り返り 
14. 一段上のレベルへ  
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回の課題は授業スライドやメーリングリスト等で告知の予定。各回2〜3時間は確保のこと(グループワークのため日時調整が必要な場合もある)。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
グループワークの成果(30%) 、授業中の発表・討議・質疑応答(30%) 、提出物(40%)
テキスト
Textbooks
適宜指示する。
参考文献
Readings
適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP