シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動またはその他/BL2
(Business Leadership 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
ビジネスリーダーシップ2(BL2)ー課題解決を通したリーダーシップ開発
 
担当者 (Instructor) 田中 聡(TANAKA SATOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 9B03(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
BUS2510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 経営学科:自動登録
国際経営学科:「その他」登録
【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等は立教時間に掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) BT621 



授業の
目標
Course
Objectives
企業から提示される「ビジネス課題」をグループで解決するプロセスを通じて、全員発揮型リーダーシップを学ぶ 
To learn leadership skills for all members through the process of solving "business issues" presented by the company as a group 
授業の
内容
Course
Contents
授業はグループワーク中心のPBL(Project Based Learning)形式で行われる。
企業が抱える経営課題に触れることでビジネスに対する実践的な知識の習得を図る。同時に、その解決策(ビジネスプラン)を検討するプロセスで生じるグループ内コンフリクト、出来事の内省(振り返り)、および相互フィードバックを通じて、他者に影響力を発揮するリーダーシップを習得する。 
The class is conducted in a PBL (Project Based Learning) format with a focus on group work.
Students will be exposed to the business issues faced by companies in order to acquire practical knowledge of business. At the same time, through group conflicts that arise in the process of examining solutions (business plans), introspection (looking back) on the events, and mutual feedback, students will learn leadership skills to exert influence on others. 
授業計画
Course
Schedule
1. [全体キックオフ]授業方針説明、クライアント紹介・課題発表、グループ分け発表 
2. [リーダーシップ]BL0・1を通じた「マイBLPストーリー」振り返り、グループ・個人目標の設定
[ビジネス]課題解決プロセスの全体像、昨年度受賞班のプレゼン共有など 
3. [リーダーシップ]グループ目標の共有
[ビジネス]ビジネスプランを考える①(誰のどんな課題・悩みを解決するのか) 
4. [ビジネス]ビジネスプランを考える②(課題をどのように解決するのか) 
5. [リーダーシップ]グループ目標・個人目標に対する現状の振り返り、相互フィードバック
[ビジネス]ビジネスプランを考える③(課題をどのように解決するのか) 
6. [ビジネス]予選①に向けた準備(クライアント・先輩・OBOGからのFB※仮) 
7. 予選① 
8. [リーダーシップ]リーダーシップアンケート(1回目)結果にもとづく振り返り・相互フィードバック
[ビジネス]ビジネスプランの見直し 
9. [ビジネス]ビジネスプランの見直し(クライアント・先輩・OBOGからのFB※仮) 
10. [ビジネス]予選②に向けた準備 
11. 予選② 
12. 本選 
13. [リーダーシップ]リーダーシップアンケート(2回目)結果にもとづく「グループ」の振り返り・相互フィードバック
[ビジネス]本戦出場班のプランからの学び、自グループのプラン再点検 
14. [リーダーシップ]BL2 & 1年半のBLP受講経験を通じた「個人」の振り返り、相互フィードバック 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
課題解決を通じたリーダーシップ開発に必要な各種グループワーク(ディスカッション・プレゼン準備など)および個人ワーク(活動の振り返りなど)を必要とする。
また、クライアントについて理解を深めるために授業外講座を行う予定(日時・詳細は授業内で案内する) 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席状況・プロジェクトへの参加態度(50%) 、課題解決のクオリティ(50%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP