シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX014/経営学2
(Business Administration 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
企業成長を理解する 
担当者 (Instructor) 関 智一(SEKI TOMOKAZU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX1810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BX014 



授業の
目標
Course
Objectives
成長を志向しつづけてやまない企業とその経営の実態について,日本のみならず欧米やアジアの企業ケースを事例に理解を深める。本講義では,企業成長の源泉をグローバル化とイノベーションに求め,さらには開かれた市場取引を謳うオープン化の流れについても言及することで,21世紀の企業経営のあり方についても知識を深めることを目指している。 
Case studies of companies from Europe, the US, and Asia as well as Japan will be used to deepen understanding of companies that intend to continue growing and their actual management conditions. This lecture will also discuss the globalization and innovation sought as a source of company growth as well as touch on the openness trend that promotes open market transactions to deepen the student’s knowledge of how businesses are managed in the 21st century. 
授業の
内容
Course
Contents
企業成長に向けた具体的な取り組みとして,グローバル化の進展とイノベーションの追求に着目し,それぞれについて基礎理論,歴史的背景,そして現状把握の3点から検討を行う。競争戦略,多角化,PPM,M&A,戦略的提携,そして内部留保など、現代企業経営の必須キーワードへの理解とともに,オープンイノベーションやプラットフォーム戦略など,最新トピックスを加え,現代における企業成長の実態を明らかにしていく。 
The course focuses on the expansion of globalization and the pursuit of innovation as specific means for achieving company growth and both of these will be studied from the three perspectives of fundamental theory, historical background, and assessment of the current situation. The state of company growth today will be looked at by gaining an understanding of mandatory topics for modern company management, including competitive strategy, diversification, PPM, M&A, strategic alliances, and internal reserves, in addition to the latest topics, such as open innovation and platform strategy. 
授業計画
Course
Schedule
1. 問題の所在 
2. 企業のマネジメントとは 
3. 競争のための差別化 
4. 競争しない競争戦略 
5. 競争優位とビジネスシステム 
6. 多角化と事業ポートフォリオ(上) 
7. 多角化と事業ポートフォリオ(下) 
8. 企業構造の再編成 
9. 国際化の戦略(上) 
10. 国際化の戦略(下) 
11. 資本構造のマネジメント 
12. 企業成長とイノベーション(上) 
13. 企業成長とイノベーション(下) 
14. 結論と課題 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習の指示は履修登録完了後にBlackboard上にて履修者に対して行う。各自確認して予習すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 伊丹敬之・加護野忠男  『ゼミナール経営学入門 第3版』   日本経済新聞社  2003  4532132479 
2. 秋野晶二・關智一・坂本義和・山中伸彦・井口知栄・荒井将志  『グローバル化とイノベーションの経営学』   税務経理協会  2018  4419065621 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 伊藤元重  『はじめての経済学(下)』   日本経済新聞社  2004  4532110157 
2. 淺羽茂・入山章栄・内田和成・根来龍之  『ビジネスマンの基礎知識としてのMBA入門2 イノベーション&マネジメント編』   日経BP  2018  4822251799 
3. 三谷宏治  『新しい経営学』   ディスカヴァー・トゥエンティワン  2019  4799325558 
4. 入山章栄  『世界標準の経営理論』   ダイヤモンド社  2019  4478109575 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP