シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX137/経済政策論1
(Economic Policy 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
反グローバリズムとグローバル資本主義の将来
anti-globalism and the future of global capitalism 
担当者 (Instructor) 櫻井 公人(SAKURAI KIMIHITO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BX137 



授業の
目標
Course
Objectives
グローバル資本主義の持続可能性と政策対応が問われている。行き過ぎたグローバリズムへの反動として,米中貿易戦争,グローバル金融危機,反EU,自国第一主義などが生じてきたことを学ぶ。 
To study sustainability of global capitalism, and its policy responses, it is indispensable to consider backlashes to the extreme globalism including such issues as US-China trade war, global financial crisis, anti-EU sentiment, America-first.  
授業の
内容
Course
Contents
産業のあり方と豊かさをめぐるA.スミスと重商主義者の論争が経済学を生み出した。通商政策と成長戦略・産業政策の成否が世界システム内での各国の地位を決める。中心国と新興国との政策的な競合を生むからこれが新たな摩擦となり,さらなるグローバル・パワーシフトにつながる。また,自動運転とライドシェア・EVシフトによって自動車産業は変貌し,キャッシュレス化とリアル店舗の削減によって銀行業が変貌する。IOTと第4次産業革命に対処するための通商政策について考えよう。
 
Controversy by A. Smith with mercantilists borough about political economy. Trade policy and growth strategy will be the determinants of positioning of countries in the world system. Competition by the center country and the emerging ones will make economic frictions which in turn make other competitions. This will make global power shifts. The automobile industry is being transformed by autonomous driving, ride sharing, and the shift to electric vehicles. And there is the transformation of the banking industry and the emergence of new finance as cashless transactions spread and reduction of real offices. Explanations will be given to new trade policies coping with IoT and the 4th industrial revolution.
 
授業計画
Course
Schedule
1. はじめに―グローバル資本主義と反グローバリズムあるいはコロナ危機 
2. 経済学をつくった政策論争―『諸国民の富』と重商主義批判 
3. 国際収支から見る経済と政策 
4. 経済学をつくった原理―比較優位と自由貿易政策 
5. グローバリズムと通商政策ーWTO・FTAとリベラル国際秩序 
6. 新興国アメリカをつくった政策―自給と保護主義に向かう政策の原型 
7. 20世紀資本主義をつくった産業―アメリカ自動車産業の成立 
8. 戦後日本経済をつくった政策―産業政策と「ものづくり」のゆくえ 
9. 21世紀自動車産業のCASE革命ーIoTとインダストリー4.0 
10. デジタル化と金融ー金融政策の転機 
11. 脱炭素化とグリーンリカバリー―エネルギー・電力産業と規制緩和 
12. 国際労働力移動と人口・移民政策 
13. 反グローバリズムの台頭ー格差社会の形成と「アメリカ第一主義」 
14. グローバル資本主義と経済政策の転機ー中国経済の発展と米中摩擦 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
教材はblackboard にUPする予定。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 65  %  
平常点(In-class Points) 35  %
確認テスト(20%) 、授業参加態度(15%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 石田他編  『現代世界経済をとらえるver.5』   東洋経済新報社  2015,3刷以降  9784492443668 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. マンフレッド・B・スティーガー  『1冊でわかる 新版グローバリゼーション』   岩波書店  2010年  9784000269049 
2. 奥田・代田・櫻井編  『深く学べる国際金融』   法律文化社  2020年  9784589040671C1038 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP