シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX270/経営史1
(Business History 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
企業制度の形成と経営システムの展開 
担当者 (Instructor) 須永 徳武(SUNAGA NORITAKE) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BX270 



授業の
目標
Course
Objectives
欧米を中心とした企業や経営システムがどのように発生し、それが現代に至るまでどのような歴史的変化をみせてきたのかを学ぶことを通じて、今日の世界経済が抱える様々な問題について考察する力を養うことを目標とする。  
The objective of this course is for students to nurture the ability to think about the various problems faced by today’s global economy by looking at how the business and management systems in mainly Europe and the United States developed and the historical changes that have occurred to them to date.  
授業の
内容
Course
Contents
近世から現代に至るまでの各時期において、経済覇権を築き上げた国々に特徴的な企業経営の発展のあり方を分析する。具体的な経営システムの変遷を、産業革命期(イギリス)、大企業の時代(アメリカ)、大競争時代(日本をはじめとする各国)、という3つの時期区分でたどっていく。  
The characteristic way that business management developed in countries that built economic supremacy from the early modern period until today will be analyzed. The transition in specific management systems will be looked at separately for the three different periods of the Industrial Revolution (UK), large company age (United States), and era of mega-competition (Japan and other countries).  
授業計画
Course
Schedule
1. 経営史の目的と方法 
2. 経営史学の発展 
3. イノベーションと経済発展 
4. 組織能力と現代企業の形成 
5. 産業革命と労働者の形成 
6. 市場の形成と発展 
7. 株式会社制度と歴史的意義 
8. 金融システムの発展 
9. 大量生産体制の形成 
10. ビッグ・ビジネスの成立 
11. 科学的管理法の導入 
12. フォード・システムの形成 
13. トヨタ生産方式の登場 
14. 科学的管理から人的資源管理へ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じBlackboard等で指示をする。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
使用しません。
参考文献
Readings
授業中に適宜紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業で使用する教材はBlackboardに掲出します。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP