シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX272/現代企業論1
(Japanese Enterprise System 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
イノベーションの経済学 
担当者 (Instructor) 関 智一(SEKI TOMOKAZU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2810 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BX272 



授業の
目標
Course
Objectives
伝統的な新古典派経済学において企業は長くブラックボックスとして扱われてきた。完全競争市場におけるプレイヤーとして最小費用・最大利益を実現し続ける完璧なマシーンとして存在してきたわけである。しかし,今日では市場の失敗と同じく企業の組織内部にも非効率性が存在するとした企業観が,むしろ積極的に経済学の議論へと回帰しつつある。本講義ではこうした企業をめぐる経済学の新たな動きに着目しつつ,こうした議論をイノベーションや企業家精神の議論とも融合することで現代企業を理解するための理論的なフレームワークの提示を試みる。すなわち,現代企業を読み解く経済学的視点の醸成こそ本講義の目標にほかならない。 
In traditional neoclassical economics, companies were handled as a black box for a long time. That is because in a perfectly competitive market the players exist as perfect machines that continue to realize maximum profits at minimum expense. Today however, just as in the case of market failures, the view of companies that there are inefficiencies inside a business organization is again becoming a focal point for economic debate and in a more active way than previously. This lecture will focus on this new movements in economics regrading companies and will present a theoretical platform for understanding contemporary companies by combining this discussion with a discussion of innovation and entrepreneurial spirit. In other words, the objective of this lecture is to nurture an economics perspective for interpreting contemporary companies. 
授業の
内容
Course
Contents
イノベーションという言葉は現代企業の必須ワードでもある。イノベーションに成功することこそ企業としての成功を意味すると一般には解されているからである。ではイノベーションを何であり,またその成功とはどのように把握されるのかと問われれば,答えに窮するのが現状であろう。本講義では近年の経済学における企業理論について解説し,まずは企業に対する経済学的な分析視角について理解を深める。その上で現代企業におけるイノベーションや企業家精神なるものを経済学のフレームワークを通して理解してもらうことを目指している。それは曖昧なイノベーションの概念を明確かつ客観的な理論体系を通じて理解することにほかならない。 
Innovation is an indispensable word for contemporary companies. This is because it is generally believed that to succeed, a company must be successful at innovation. So today people are searching for answers to what is innovation and how can you be successful at it. This lecture explains the recent economics business theories to deepen student understanding the economic analytical perspective for companies. An additional aim is to use an economics framework to understand innovation in contemporary companies and the entrepreneurial spirit. This is only possible by clarifying the vague innovation concepts and the corresponding objective theoretical system. 
授業計画
Course
Schedule
1. 問題の所在 
2. 研究開発 
3. シュンペーター 
4. 全要素生産性 
5. 生産関数 
6. 新古典派企業 
7. イノベーション 
8. シュンペーター仮説 
9. 企業家精神 
10. X-非効率性 
11. 企業行動仮説 
12. 組織慣性 
13. 内部非効率性 
14. 結論と課題 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
準備学習の指示は履修登録完了後にBlackboard上にて履修者に対して行う。各自確認して予習すること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 關智一  『イノベーションと内部非効率性』   白桃書房  2017  4561267026 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 青木昌彦・伊丹敬之  『企業の経済学』   岩波書店  1985  4000043250 
2. 池本正純  『企業家とはなにか』   八千代出版  2005  4842913414 
3. ボーモル  『自由市場とイノベーション』   勁草書房  2010  4326503421 
4. 宮川努  『生産性とは何か』   筑摩書房  2018  448007189X 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP