シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX313/租税法1
(Concepts in Taxation1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
租税法総論 
担当者 (Instructor) 坂本 雅士(SAKAMOTO MASASHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BX313 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義では、わが国の財政状況及び税務行政の沿革を概観したうえで、租税に関する法的なしくみを理解することを目的とする。 
The objective of this lecture is to provide an overview of Japan’s financial situation and history of its tax administration for students to understand the legal framework of taxation. 
授業の
内容
Course
Contents
租税実体法を理解するためには、租税法の総論に関する知識は必要不可欠である。租税とは何か、その基本原則・解釈原理とは何か、課税処分に対して異議がある場合にはどうするのか、といったことについて概説する。なお、講義はテキスト、講義ノート、毎回配布するレジュメに沿っておこなう。 
Knowledge of the general theory of tax law is indispensable for understanding taxation substantive law. An overview is given of what taxation is, and what are its basic principles and interpretation principles, and what should be done when there is a dispute regarding taxation. The lecture will proceed according to the textbook, lecture notes, and course outlines distributed in each class. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス、税制の基礎知識 
2. 租税法の体系と範囲 
3. 租税の意義、性格、目的、根拠、分類 
4. 租税法の法源 
5. 租税法の効力(適用範囲) 
6. 納税義務の成立(課税要件) 
7. 租税法の基本原則 
8. 租税法令の解釈 
9. 租税法と私法 
10. 租税回避行為と租税法(1) ‐脱税や節税との違い、租税回避行為の歴史‐ 
11. 租税回避行為と租税法(2) ‐納税者になろうとしない者への対応‐ 
12. 租税回避行為と租税法(3) ‐総合的対応の必要性‐ 
13. 租税行政過程、租税争訟制度 
14. 租税処罰法 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
複数回のリアクションペーパー(30%) 、授業内レポート(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 坂本雅士編  現代税務会計論 第4版   中央経済社  2021   
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP