シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX314/租税法2
(Concepts in Taxation2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
所得課税の基本問題 
担当者 (Instructor) 坂本 雅士(SAKAMOTO MASASHI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 2時限(Period 2) オンライン
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2910 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) BX314 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義では、法人税法、所得税法を中心に租税に関する基本的なしくみを理解することを目的とする。講義では、税制改正論議など最近の動向も取り上げる。 
The objective of this lecture is to understand the basic structure of taxation, and in particular the Corporation Tax Act and the Income Tax Act. This lecture will also look at recent trends, such as the tax system revision debate. 
授業の
内容
Course
Contents
租税法体系のうち、法人税法、所得税法、相続税法、消費税法を取り上げる。また、これらに関連する租税特別措置法、並びに法令の解釈・適用に関する実務上の取扱いにも触れる。講義はテキスト、講義ノート、毎回配布するレジュメに沿っておこなう。 
Of the overall taxation system, this lecture will look at the Corporation Tax Act, the Income Tax Act, the Inheritance Tax Act, and the Consumption Tax Act. In addition, the lecture will also touch on the related Act on Special Measures concerning Taxation and actual operations regarding the interpretation and application of tax laws and regulations. The lecture will proceed according to the textbook, lecture notes, and the course outlines distributed in each class. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス、組織に対する課税方式 ‐導管課税と実体課税‐ 
2. 法人税の課税根拠(1) ‐なぜ法人税が必要なのだろうか‐ 
3. 法人税の課税根拠(2) 
4. 法人税の納税義務者、税率、種類等 
5. Advanced Study ‐多様化する組織形態と所得課税‐ 
6. 企業会計と課税所得計算との関係 
7. 確定決算主義(公正処理基準、損金経理要件等) 
8. Advanced Study ‐会計基準の複線化と法人税法の対応‐ 
9. 所得税(1) 
10. 所得税(2) ‐税務事例‐ 
11. 相続税(1) 
12. 相続税(2) ‐税務事例‐ 
13. 消費税(1) 
14. 消費税(2) ‐税務事例‐ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
授業内レポート(20%) 、複数回のリアクションペーパー(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 坂本雅士編  現代税務会計論 第4版   中央経済社  2021   
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP