シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX614/ゼミナール A
(Seminar A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
現代日本の労働問題 
担当者 (Instructor) 首藤 若菜(SHUTO WAKANA) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) 5210(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 継続履修者は自動登録 
テキスト用コード (Text Code) BX614 



授業の
目標
Course
Objectives
 日本の雇用状況を実証的,構造的に把握し,労働を手掛かりにして現代社会の変容を考察します。 
 To imperially and structurally assess the state of Japanese employment and consider the changes to contemporary society using labor as a hint. 
授業の
内容
Course
Contents
 現代日本の社会変動を理解するうえで,労働問題は避けて通ることのできない重要なテーマです。たとえば少子化は,男女労働者の仕事と生活の両立こそが解決のカギだと言われます。格差や貧困の拡大は,非正規労働者の増加や賃金制度の変化が影響を及ぼしています。このゼミでは,広く労働にかかわる問題を取り上げ,議論し,労働を手掛かりに,現代社会の変容を考察していきます。
 ゼミでは,関連する文献を輪読し,討議することに加え,ディベートも頻繁におこないます。それらにより,知識の獲得だけでなく,論理的な思考力,分析能力や伝達能力を鍛えていきます。また人間の営みである「労働」を知るためには,本を読むだけでなく,現場を歩き,当事者や関係者の話を聞くことも大切です。そのため,ゲストスピーカーの招聘や実態調査も実施します。
 さらに年2回(春・秋学期),他大学との合同ゼミに参加し,研究発表をおこないます。研究発表では, 学年を超えたグループを作り,グループごとに実態調査や統計分析などをおこないます。最後にはゼミ全体で一本の論文を作り上げていきます。
 このゼミでは,こうした活動すべてをゼミ生主体で進めています。研究テーマの設定,企業への調査依頼と企業訪問,ゲストスピーカーの選定などは,学生自らが担います。ゼミの仲間と協力し合い,苦労を重ねながらも,共同で何かを作り上げていくことは,大きな達成感と自信につながるはずです。意欲的な学生の参加を期待しています。 
The labor problem is an unavoidable theme in understanding the societal changes in contemporary Japan. For example, the key to solving the low birthrate problem is said to be having a good work/life balance for both male and female workers. The increase in non-regular workers and changes to the wage system are affecting the expansion of the income disparity and poverty. This seminar broadly addresses and discusses the problems related to labor and uses labor as a hint for considering the changes in contemporary society.
During the seminar students will read and discuss related literature and engage is frequent debates. In this way the students not only acquire knowledge, but strengthen their ability to think logically, conduct analysis, and communicate. In addition, to learn about “labor,” which is a human activity, it is important to not just read books but to also go onsite and talk to the people and other related parties. For this reason, guest speakers will be invited to class and actual conditions will be surveyed.
Further, twice a year (spring and fall semesters) students will participate in joint seminars with other universities and give research presentations. For the research presentations, groups will be formed of students from different class years and each group will conduct actual conditions surveys and statistical analysis. In conclusion, a single paper for the entire seminar will be prepared.
In this seminar, the students will be leading all of these activities. The students themselves will be in charge of set the research themes, making study and visit requests to companies, selecting guest speakers, etc. Cooperating with seminar companions and work hard together to jointly create something leads to a great sense of achievement and confidence. The lecturer looks forward to ambitious students participating in this seminar. 
授業計画
Course
Schedule
1. 春学期イントロダクション 
2. 輪読書報告&討論 
3. 輪読書報告&討論 
4. ディベート 
5. 輪読書報告&討論 
6. 輪読書報告&討論 
7. ディベート 
8. 輪読書報告&討論 
9. グループ研究の調査分析 
10. グループ研究の調査分析 
11. グループ研究の中間報告&討論 
12. グループ研究の調査分析 
13. グループ研究の最終報告&討論 
14. 春学期総括 
15. 秋学期イントロダクション 
16. 輪読書報告&討論 
17. 輪読書報告&討論 
18. ゲストスピーカーによる講演&討論 
19. 輪読書報告&討論 
20. ディベート 
21. ディベート 
22. グループ研究の調査分析 
23. グループ研究の調査分析 
24. ゲストスピーカーによる講演&討論 
25. グループ研究の調査分析 
26. グループ研究の最終報告&討論 
27. 卒業論文発表会 
28. 卒業論文発表会&年度総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業のなかで,適宜指示します。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業参加度(20%) 、討論(30%) 、グループ研究およびグループ論文への主体的参加(4年生は卒業論文)(50%)
テキスト
Textbooks
未定。授業時に指示します。
参考文献
Readings
課題に応じ,適宜紹介します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
企業見学等を実施する場合、先方からの求めによって氏名などの個人情報を提供することがあります。 


PAGE TOP