シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX647/ゼミナール A
(Seminar A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
日本企業の経営史的研究 
担当者 (Instructor) 須永 徳武(SUNAGA NORITAKE) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) X307(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 継続履修者は自動登録 
テキスト用コード (Text Code) BX647 



授業の
目標
Course
Objectives
マクロ経済の歴史的変化のなかに企業を位置付け,日本の企業経営システムの特質を歴史的視角から研究する。 
To research the characteristics of the Japanese business management system from an historical perspective by positioning companies within the historical changes in the macro economy. 
授業の
内容
Course
Contents
ゼミにおける共同研究の前提として経営戦略,マーケティング,企業財務分析等に関する基礎的学習は行うが,ゼミ活動の中心はグループワークを通じた業界や企業に対するデータ調査と分析となります。こうしたデータの収集と分析,さらにそれに基づいた論理的思考と立論を通じて,リサーチ能力やデータ分析能力の修得と論理的思考力の向上を図ります。
ゼミ活動はゼミ生の主体的かつ能動的な取り組みによって進められます。研究方針やスケジュール管理を含めて主体的にゼミ活動を運営し,グループワークを中心とする共同研究を通じて研究テーマにアプローチすることで,組織運営と調整のノウハウや自立的な思考能力を獲得するためのトレーニングを行います。授業は各グループの作業内容と進捗状況をゼミ全体で確認する場であり,実際の研究活動は授業時間以外に各グループが自主的に集まり調査・分析・議論を行うグループワークにより進められる。 
Students will learn the basics of business strategy, marketing, and corporate finance analysis on the premise that joint research will be conducted during the seminar, and seminar activities will focus on data research and analysis of industries and companies through group work. This collection and analysis of data and then the logical thinking and argumentation based on it will allow students to acquire research and data analysis ability and to improve their logical thinking skills.
The seminar activities will be conducted through the proactive involvement of the seminar students. The students will proactively manage the seminar activities, including the research policy and schedule management, and tackling the research theme through joint research conducted mainly by group work will provide student with training to acquire the know-how for operating and adjusting organizations and independent thinking ability. During class the work contents and progress of each group may be checked by all seminar members, and the actual research activities will be done by each group autonomously coming together outside of class to conduct the surveys, analysis, and discussions as group work. 
授業計画
Course
Schedule
1. グループワークの結果の検討と経営戦略論研究 
2. グループワークの結果の検討と経営戦略論研究 
3. グループワークの結果の検討と財務分析研究 
4. グループワークの結果の検討と財務分析研究 
5. グループワークの結果の検討と商品企画 
6. グループワークの結果の検討と商品企画 
7. グループワークの結果の検討とディベート 
8. グループワークの結果の検討とディベート 
9. グループワークの結果の検討とディベート 
10. グループワークの結果の検討と論文作成 
11. グループワークの結果の検討と論文作成 
12. グループワークの結果の検討と論文作成 
13. グループワークの結果の検討と論文作成 
14. グループワークの結果の検討と論文作成 
15. グループワークの結果の検討と論文作成 
16. グループワークの結果の検討と論文作成 
17. グループワークの結果の検討と論文作成 
18. グループワークの結果の検討と論文作成 
19. グループワークの結果の検討と論文作成 
20. グループワークの結果の検討と論文作成 
21. グループワークの結果の検討と論文作成 
22. グループワークの結果の検討と論文作成 
23. グループワークの結果の検討と論文作成 
24. グループワークの結果の検討と論文作成 
25. グループワークの結果の検討と論文作成 
26. グループワークの結果の検討と論文作成 
27. グループワークの結果の検討と論文作成 
28. グループワークの結果の検討と論文作成 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
グループ単位でそれぞれに与えられたテーマに関し研究を進めておく。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
グループワークへの貢献(50%) 、ゼミ全体活動への貢献(50%)
テキスト
Textbooks
なし。テーマに応じて多数の文献・論文・統計等を利用する。
参考文献
Readings
なし。テーマに応じて多数の文献・論文・統計等を利用する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
企業見学等を実施する場合、先方からの求めによって氏名などの個人情報を提供することがあります。 


PAGE TOP