シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX732/ゼミナール B
(Seminar B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
経済学で現代経済を分析する 
担当者 (Instructor) 藤原 新(FUJIWARA ARATA) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 月曜日(Mon) 5時限(Period 5) 7204(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX4020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 継続履修者は自動登録 
テキスト用コード (Text Code) BX732 



授業の
目標
Course
Objectives
現代経済学の基礎を理解し,現代経済学を分析する力を得る。また,筋道の通った思考に基づく議論,プレゼンテーションや論文作成を通じて,論理的に考え,また自分の考えを他者に伝える能力を磨く。こうした能力は,学生時代のみならず一生にわたって必要なものである。 
To acquire a basic understanding of modern economics and the ability to analyze it. In addition, for students to polish their ability to think logically and to be able to communicate their ideas to others through discussions, presentations, and paper writing based on rational thinking. These abilities are required not just when a student but throughout life. 
授業の
内容
Course
Contents
ケインズ経済学や行動経済学など現代経済学の基礎を学ぶ。
人間の行動の合理性に全面的に依拠し,自由競争によって最適な均衡が得られると主張する正統派の経済学に対して疑問を投げかけ,その限界を超えようとする試みを取り上げる。現代の経済政策の基礎にある経済学の考え方を知り,その妥当性を問い直すというのがテーマである。
具体的なテーマについては,受講生との相談のうえ修正,調整を行うことがある。
輪読,グループワーク,ディスカッション,ゼミ論文の作成が活動の中心である。
ゼミ共通のテーマの研究に加え,幅広い読書を通じて,自らの研究テーマを設定し,研究を進める。 
Students will learn the fundamentals of Keynesian economics and behavioral economics.
Questions will be posed regarding orthodox economics that asserts that total reliance on the rational behavior of human beings and obtaining an optimum equilibrium through free competition in an attempt to exceed its limitations. Students will learn the economic concepts that are the foundation of contemporary economic policy under the theme of reevaluating their adequacy.
The specific theme will be adjusted and finalized in consultation with the students.
The activities will center on reading, group work, discussion, and writing the seminar thesis.
In addition to researching a common theme for the seminar, second and third year students will read a wide range of books and set and research their own research theme. Fourth year students will expand that research and write their graduation thesis. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス 
2. 現代経済学の基礎1 
3. 現代経済学の基礎2 
4. 現代経済学の基礎3 
5. 現代経済学の基礎4 
6. 現代経済学の基礎5 
7. 現代経済学の基礎6 
8. 現代経済学の基礎7 
9. 現代経済学の基礎8 
10. 現代経済学の基礎9 
11. 現代経済学の基礎10 
12. 現代経済学の応用1 
13. 現代経済学の応用2 
14. 現代経済学の応用3 
15. 現代経済学の応用4 
16. 現代経済学の応用5 
17. 現代経済学の応用6 
18. 現代経済学の応用7 
19. 現代経済学の応用8 
20. 現代経済学の応用9 
21. 現代経済学の応用10 
22. 現代経済学と現代社会1 
23. 現代経済学と現代社会2 
24. 現代経済学と現代社会3 
25. 現代経済学と現代社会4 
26. 現代経済学と現代社会5 
27. 現代経済学と現代社会6 
28. 総括 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
テキストは事前に何度も熟読し,内容を十分に理解しておくこと。不明点や問題点については,あらかじめBlackboardなどを用いて十分に議論しておく。
ゼミナール以外に学生主導のサブゼミナールを行う場合がある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
発表,発言などのゼミナールでの貢献(90%) 、提出物(10%)
テキスト
Textbooks
テキストについては別途指示する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. J.M.Keynes  『貨幣,利子および雇用の一般理論』   東洋経済新報社  1995年   
2. 筒井他  行動経済学入門   東洋経済新報社  2017年   
その他(Others)
これ以外の参考書については適宜指示する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
https://twitter.com/fujiwara_rikkyo
https://www.facebook.com/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E3%82%BC%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%AB-1591419617802303/
Blackboardも利用する。 
注意事項
Notice
企業見学等を実施する場合、先方からの求めによって氏名などの個人情報を提供することがあります。 


PAGE TOP