シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX735/ゼミナール B
(Seminar B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
社会保障制度の持続可能性の研究-少子化、高齢化、人口減少社会とグローバル化のなかの社会保障 
担当者 (Instructor) 菅沼 隆(SUGANUMA TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5) 6209(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX4020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 継続履修者は自動登録 
テキスト用コード (Text Code) BX735 



授業の
目標
Course
Objectives
社会保障制度とこれに付随する雇用制度を経済学・社会政策論の視点から深く学ぶことにより、政策的思考力を身に付ける。ディベートを通じて正確な調査能力・論理的な思考力・明解な対話力・仲間との協調性を身に付ける。 
Through studying deeply about the social security system and the related employment system ,students are able to get policy-oriented thinking ability. Debate method, often used in this seminair, developes thier ability to research precisely, think logically, persuade simply with others, and cooperate friendly with others.. 
授業の
内容
Course
Contents
 社会保障制度は、個々の国民の生活を政府が保障するものであるため、これを学ぶことは、個人の生活という社会の最小単位から、国民経済・国家財政という社会全体まで広く考察することになる。経済学、政策学の応用科学といってよい。
 このゼミは多くの回でディベートを行う。社会保障制度は政策論的な論争が行われており,その問題点と論点を理解する方法としてディベートは効果的である。また,ディベートというグループ学習により対話能力・コミュニケーション能力を高めることができる。
 具体的な制度として、医療保障(健康保険),所得保障(年金,雇用保険,生活保護など),介護保障(介護保険,家族援助) 、雇用問題・雇用制度改革などの社会政策の論争点を取り上げる。人口構成の高齢化と出生率の低下,経済社会の変化,グローバル競争に対応して日本の社会保障制度は改革を迫られている。社会保障制度と密接な関係にあった雇用慣行(日本的労使関係)も行き詰まりを呈し、雇用制度改革が大きな争点になっている。これらの問題を考察する際に、成熟した福祉国家であるヨーロッパ諸国と高齢化の最先端を進む日本の比較は様々な知見を得ることができる。特に,担当教員が専門とするデンマーク・スウェーデンなど北欧諸国との比較を重視する。また、中国・韓国・台湾などの東アジア諸国も社会保障制度が整備されつつあり、日本と比較可能になっている。社会保障をグローバルな視点で捉え、持続可能で効果的な社会保障制度を展望する。
 春と夏に合宿を行う。1年次末の春から合宿に参加する。卒業論文の作成は義務とする。 
 Social security system is a system for the government to secure each individuals daily life. By this reason, to study social security means to think deeply from individuals as smallest unit of the society to national economy as lagest unit of the nation. So studying social security is applied science of economics and policy studies.
 Many debates will be held during this seminar. There are policy theory and political theory disputes regarding the social security and employment problems, and debates are an effective means for understanding those problems and points of dispute. In addition, the group study can improve communication ability.
Topics taken up in this seminair are medical security (health insurance), income security (pension, employment insurance, welfare, etc.), long-term care security (long-term care insurance, family assistance) and employment system. The aging of the population composition, decline in the birth rate, changes in economic society, and global disputes are putting the Japanese social security system under pressure to reform. Employment practices (Japanese labor-management relations), which are closely related to the social security system, have become an issue with many disputes about how to reform the employment system. When considering these problems, much can be learned by comparing European countries, which are mature welfare states, with Japan, which is one of the countries with the greatest aging of the population. In particular, the comparison will be focused on Demark and Sweden, on which the instructor is a specialist. In addition, East Asian countries, such as China, South Korea, and Taiwan, are building social security systems and these can be compared with Japan. Looking at social security from a global perspective allows us to see sustainable and effective social security systems.
Spring and summer training camps will be held. Students can participate in the spring training camp from the end of their first year. Students are required to write a graduation thesis.
 
授業計画
Course
Schedule
1. 医療保障基礎1 
2. 医療保障基礎2 
3. 医療保障基礎3 
4. 医療保障基礎4 
5. 所得保障基礎1 
6. 所得保障基礎2 
7. 所得保障基礎3 
8. 所得保障基礎4 
9. 介護保障基礎1 
10. 介護保障基礎2 
11. 介護保障基礎3 
12. 介護保障基礎4 
13. 雇用政策基礎1 
14. 雇用政策基礎2 
15. 医療保障応用1 
16. 医療保障応用2 
17. 医療保障応用3 
18. 医療保障応用4 
19. 所得保障応用1 
20. 所得保障応用2 
21. 所得保障応用3 
22. 所得保障応用4 
23. 介護保障応用1 
24. 介護保障応用2 
25. 介護保障応用3 
26. 介護保障応用4 
27. 雇用政策応用1 
28. 雇用政策応用2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予め提示した課題について,グループで事前に調べ,主張を明確にしておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業中の発言(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 田中耕太郎・椋野美智子著  『はじめての社会保障』 (最新版)   有斐閣  最新版   
2. 土田武史編  『社会保障論』   成文堂  2015   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
ゼミ応募課題は10月1日以降、次のURLで配布する。https://www.dropbox.com/sh/iqfbccsovd3to0x/AACytN4vcaruS7ALvyOrWsoLa?dl=0 あるいはsuganuma@rikkyo.ac.jpに問い合わせること。また、面接時、基礎ゼミレポートを持参・提示すること。 
注意事項
Notice
企業見学等を実施する場合、先方からの求めによって氏名などの個人情報を提供することがあります。 


PAGE TOP