シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX762/ゼミナール B
(Seminar B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
租税法・税務会計論の研究 
担当者 (Instructor) 坂本 雅士(SAKAMOTO MASASHI) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5) 6402(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX4020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 継続履修者は自動登録 
テキスト用コード (Text Code) BX762 



授業の
目標
Course
Objectives
簿記・会計学の知識を修得すると共にわが国の法人税法の理論および計算構造について研究します。 
To acquire bookkeeping and accounting knowledge while also researching the theory and calculation structure of Japan’s Corporation Tax Act. 
授業の
内容
Course
Contents
二年次には,簿記・会計学に関する基本的な知識を身につけます。具体的な目標として,日商簿記検定二級を取得を目指すと共に,有志により全国大学対抗簿記大会に出場します(2003,2005,2006,2008,2011,2013,2015,2017,2018年度 全国優勝)。三年次には,共同研究を行います。その成果をオープンゼミにて報告し,懸賞論文への応募により学外にも公表します(2006,2008,2011,2016,2018年度 納税協会連合会主催「税に関する論文」奨励賞受賞)。四年次には,研究の集大成として,各自で卒業論文を執筆します。 
During the second year students will acquire basic knowledge of bookkeeping and accounting. Specific objectives are to pass the Official Business Skill Test in Bookkeeping Grade 2 and participate in the National College Bookkeeping Competition (National Champions in 2003, 2005, 2006, 2008, 2011, 2013, 2015, 2017, 2018). During the third year students will conduct joint research. Those results will be reported in an open seminar and will also be published outside the scope by entering them in an essay contest (Honorable Mention for “Tax Relate Papers” in 2006, 2008, 2011, 2016and 2018 for the contest held by the Federation of Tax Payment Associations. For fourth year students, writing a graduation thesis is the culmination of their research. 
授業計画
Course
Schedule
1. 企業会計基準改正の経緯 
2. 企業会計基準改正の特徴 
3. IFRS導入に向けた企業会計の対応 
4. 法人税法上の対応 
5. 収益認識 
6. 工事契約 
7. 固定資産の減損 
8. 無形資産 
9. 投資不動産および関係会社に対する投資 
10. 長期および短期の従業員給付の会計と税務 
11. 引当金 
12. 偶発債務および偶発資産 
13. 金融商品の会計 
14. 外国為替レートの変動の影響 
15. 企業結合とのれん 
16. リース税制 
17. 会計処理の遡及適用と税務 
18. 非上場企業会計 
19. 企業会計基準のコンバージェンスに係る法解釈 
20. 公正処理基準の判定に係る問題 
21. 個別規定の解釈に及ぼす影響 
22. 公正処理基準の変容と別段の定め 
23. 課税所得の基本原則1 
24. 課税所得の基本原則2 
25. 課税所得の基本原則3 
26. 確定決算主義の意義と機能 
27. 損金経理要件 
28. 確定決算主義のあり方 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回,前回までの講義内容を確認し復習しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席およびプレゼンテーション(70%) 、レポート(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 坂本雅士編著  『現代税務会計論 第4版』   中央経済社  2021年   
その他(Others)
参考文献
Readings
その都度指示します。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
https://twitter.com/sakmotoseminar 
注意事項
Notice
企業見学等を実施する場合、先方からの求めによって氏名などの個人情報を提供することがあります。 


PAGE TOP