シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX772/ゼミナール B
(Seminar B) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
グローバル資本主義の変容と社会分断のゆくえ
/多次元的な把握と政策対応。不透明な時代に希望はあるのか
Transformation of global capitalism and social division
ーmulti dimensional approach and policy response. Is there any hope left ?
 
担当者 (Instructor) 櫻井 公人(SAKURAI KIMIHITO) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) X206(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX4020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 継続履修者は自動登録 
テキスト用コード (Text Code) BX772 



授業の
目標
Course
Objectives
情報感度を高め,収集した情報を取捨して組み立てなおす編集力,伝達のためのプレゼン能力を身につけること。事前に全体の筋道を想定して準備し,現場では適宜軌道修正しながら対応できること,すなわち実践的な構想力を身につけることが目標である。 
To acquire the editing ability to increase information sensitivity and select and assemble gathered information and the ability of communication and presentation. The objective of the course is for students to acquire practical power of imagination that will allow them to suppose and prepare for the overall reasoning in advance and then in practice to make appropriate corrections as needed. 
授業の
内容
Course
Contents
グローバル資本主義の持続可能性について,米中貿易戦争,グローバル金融危機,反EUとBREXIT,自国第一主義,テロと難民など,グローバリゼーションへの反動と反グローバリズムの台頭についての考察が欠かせない。また,自動運転とライドシェア・EVシフトによって変貌する自動車産業。キャッシュレス化とリアル店舗の削減に進む銀行業の変貌と新しい金融。いずれにもかかわって変貌を遂げるIT。製造業・金融・ITが安定してすみ分けていた局面は終わり,それらの融合に対する政策対応が必須となる。21世紀のグローバル資本主義の持続可能性を問う構想力が求められている。 
For the sustainability of global capitalism, it is indispensable to consider anti-globalization and anti-globalism, including such issues as US-China trade war, the global financial crisis, BREXIT and anti-EU sentiment, America-first , terrorism and refugees, and the reaction to it. In addition, the automobile industry is being transformed by autonomous driving, ride sharing, and the shift to electric vehicles. And there is the transformation of the banking industry and the emergence of new finance as cashless transactions spread and reduction of real branches. Both of these transformation are being achieved through information technology. The stable separation of the manufacturing industry, finance, and IT has come to an end and the fusion of these industries requires policy responses. The power of imagination to respond to the sustainability of global capitalism is required. 
授業計画
Course
Schedule
1. オリエンテーション
introduction 
2. 個人研究報告 1
presentation on the basis of individual research 1 
3. 輪読 1
reading by turns 1
 
4. 輪読 2
reading by turns 2 
5. 輪読 3
reading by turns 3 
6. 輪読 4
reading by turns 4 
7. 輪読 5
reading by turns 5 
8. 輪読 6
reading by turns 6 
9. 夏のジョイントゼミ準備 1
preparation for joint seminar with other seminars in summer 1 
10. 夏のジョイントゼミ準備 2
preparation for joint seminar with other seminars in summer 2 
11. 夏のジョイントゼミ準備 3
preparation for joint seminar with other seminars in summer 3
 
12. 夏のジョイントゼミ準備 4
preparation for joint seminar with other seminars in summer 4 
13. 夏のジョイントゼミ準備 5
preparation for joint seminar with other seminars in summer 5 
14. キャリアガイダンス
career guidance
 
15. 秋学期オリエンテーション
introduction  
16. 個人研究報告 2
presentaion on the basis of individual research 2 
17. 輪読 1
reading by turns 1
 
18. 輪読 2
reading by turns 2 
19. 輪読 3
reading by turns 3 
20. 輪読 4
reading by turns 4
 
21. 冬のジョイントゼミ準備 1
preparation for joint seminar with other seminars in winter 1 
22. 冬のジョイントゼミ準備 2
preparation for joint seminar with other seminars in winter 2 
23. 冬のジョイントゼミ準備 3
preparation for joint seminar with other seminars in winter 3 
24. 冬のジョイントゼミ準備 4
preparation for joint seminar with other seminars in winter 4 
25. 冬のジョイントゼミ準備 5
preparation for joint seminar with other seminars in winter 5 
26. キャリアガイダンス
career guidance 
27. 個人研究報告 3
presentation on the basis of individual research 3 
28. 個人研究報告4
presentation on the basis of individual research 4 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
毎回,前回までの講義内容を確認し復習しておくこと。
輪読,個人研究,共同研究とが並行して進むので, それぞれの準備を怠らず,ジョイント・ゼミや卒論にまでつなげること。能動的な学習が成果を生む。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
輪読等での発表(30%) 、個人研究レポートまたは卒業研究(30%) 、ジョイントゼミ等に向けた共同研究報告(30%) 、出席(10%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. マンフレッド・B・スティーガー  『1冊でわかる 新版グローバリゼーション』   岩波書店  2010  978-4-00-026904-9 
2. 奥田・代田・櫻井編  『深く学べる国際金融』   法律文化社  2020  978₋4₋589₋04067₋1 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. スーザン・ストレンジ  『国家の退場』   岩波書店  2011  978-4-00-028515-5 
2. 櫻井・小野塚編  『グローバル化の政治経済学』   晃洋書房  1998  978-4771010246 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
企業見学等を実施する場合、先方からの求めによって氏名などの個人情報を提供することがあります。 


PAGE TOP