シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
BX781/ゼミナール A
(Seminar A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
Accounting & Finance × Data Analysis 
担当者 (Instructor) 石田 惣平(ISHIDA SOUHEI) 
時間割 (Class Schedule) 通年 (Full year) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) D602(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
ECX2020 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 継続履修者は自動登録 
テキスト用コード (Text Code) BX781 



授業の
目標
Course
Objectives
本講義の目標は、会計、ファイナンス、データ分析の知識を身に着けて、現代企業が抱える諸問題を解決する糸口を探ることにあります。具体的には、資金調達—投資—株主還元—財務報告の観点から、「最善の意思決定とは何か?」「なぜ経営者は最善の意思決定を下さないことがあるのか?」「経営者に最善の意思決定を下させるためにはどうすればいいのか?」といった問いに対して、経済理論やファイナンス理論にもとづいて仮説を立てて、財務データや株価データといった様々なデータを駆使して仮説の検証を行います。 
This course aims to provide students with knowledge of accounting, finance, and data analysis, and to use this knowledge to solve the problems of modern companies. Specifically, from the perspectives of financing, investment, payout, and financial reporting, we discuss "What is the best decision-making?", "Why do managers sometimes not make the best decisions?", and "What can we do to encourage management to make the best decisions?". We build a hypothesis based on economic and financial theories, and test it using various data, including financial and stock price data. 
授業の
内容
Course
Contents
株式会社の目標は企業価値を最大化することにあります。しかしながら、経営者は時折、企業価値を無視して、自分の利益になるような行動を取ります。本講義では、資金調達—投資—株主還元—財務報告の観点から、「最善の意思決定とは何か?」「なぜ経営者は最善の意思決定を下さないことがあるのか?」「経営者に最善の意思決定を下させるためにはどうすればいいのか?」といった問いに対して、経済理論やファイナンス理論にもとづいて仮説を立てて、財務データや株価データといった様々なデータを駆使して仮説の検証を行います。

なお、2年次では財務諸表分析、ファイナンス、計量経済学に関するテキストを輪読し、今後研究を行う上で必要基礎体力作りを行います。3年次では3名から4名程度のグループを組み、グループ単位で研究を進め、学外の懸賞論文に応募します。4年次では個人単位で卒業論文を執筆します。これらの研究を通じて、ファイナンスや会計に関する知識だけでなく、論理的思考、データ分析能力、グループマネジメント能力を身に付けることができると期待しています。 
The goal of a corporation is to maximize corporate value. However, managers sometimes act in their interests, ignoring corporate value. From the perspectives of financing, investment, payout, and financial reporting, we discuss "What is the best decision-making?", "Why do managers sometimes not make the best decisions?", and "What can we do to encourage management to make the best decisions?". We build a hypothesis based on economic and financial theories, and test it using various data, including financial and stock price data.

2nd-year students read textbooks on financial statement analysis, corporate finance, and econometrics to acquire the basic knowledge necessary for future research. 3rd-year students form groups of three or four, conduct research in groups, and apply for prize-winning papers from outside the university. 4th-year students write their senior thesis. We expect students to develop knowledge of finance and accounting, logical thinking, data analysis, and group management skills through these activities. 
授業計画
Course
Schedule
1. 2年次:テキスト輪読(財務諸表分析)
3年次:グループ研究(研究テーマの設定)
4年次:卒業研究(データ収集) 
2. 2年次:テキスト輪読(財務諸表分析)
3年次:グループ研究(研究テーマの設定)
4年次:卒業研究(データ収集) 
3. 2年次:テキスト輪読(財務諸表分析)
3年次:グループ研究(先行研究の整理・仮説の構築)
4年次:卒業研究(データ収集) 
4. 2年次:テキスト輪読(財務諸表分析)
3年次:グループ研究(先行研究の整理・仮説の構築)
4年次:卒業研究(データ収集) 
5. 2年次:テキスト輪読(財務諸表分析)
3年次:グループ研究(先行研究の整理・仮説の構築)
4年次:卒業研究(データ分析) 
6. 2年次:テキスト輪読(財務諸表分析)
3年次:グループ研究(先行研究の整理・仮説の構築)
4年次:卒業研究(データ分析) 
7. 2年次:テキスト輪読(財務諸表分析)
3年次:グループ研究(データ収集・データ分析)
4年次:卒業研究(データ分析) 
8. 2年次:テキスト輪読(財務諸表分析)
3年次:グループ研究(データ収集・データ分析)
4年次:卒業研究(データ分析) 
9. 2年次:テキスト輪読(計量経済学)
3年次:グループ研究(データ収集・データ分析)
4年次:卒業研究(データ分析) 
10. 2年次:テキスト輪読(計量経済学)
3年次:グループ研究(データ収集・データ分析)
4年次:卒業研究(データ分析) 
11. 2年次:テキスト輪読(計量経済学)
3年次:グループ研究(論文執筆)
4年次:卒業研究(データ分析) 
12. 2年次:テキスト輪読(計量経済学)
3年次:グループ研究(論文執筆)
4年次:卒業研究(データ分析) 
13. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:グループ研究(論文執筆)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
14. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:グループ研究(論文執筆)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
15. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:グループ研究(論文執筆)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
16. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:グループ研究(論文執筆)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
17. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:グループ研究(研究報告会)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
18. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:グループ研究(研究報告会)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
19. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:卒業研究(研究テーマの設定)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
20. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:卒業研究(研究テーマの設定)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
21. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:卒業研究(研究テーマの設定)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
22. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:卒業研究(研究テーマの設定)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
23. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:卒業研究(先行研究の整理・仮説の構築)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
24. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:卒業研究(先行研究の整理・仮説の構築)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
25. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:卒業研究(先行研究の整理・仮説の構築)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
26. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:卒業研究(先行研究の整理・仮説の構築)
4年次:卒業研究(論文執筆) 
27. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:卒業研究(先行研究の整理・仮説の構築)
4年次:卒業研究(研究報告会) 
28. 2年次:テキスト輪読(ファイナンス)
3年次:卒業研究(先行研究の整理・仮説の構築)
4年次:卒業研究(研究報告会) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
※1 授業時間外の予習・復習が求められます。
※2 春休みや夏休みに合宿を行う予定です。
※3 他大学との合同ゼミを行う予定です。
※4 企業見学や工場見学を行う予定です。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
報告内容(Report Content)(40%) 、貢献度(Contribution)(30%) 、最終レポート(Final Report)(30%)
備考(Notes)
半期のうち3回を超える欠席は、正当な理由がない限り成績評価の対象としません。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 乙政正太  財務諸表分析(第3版)   同文舘出版  2019  978-4495193034 
2. 井上光太郎・高橋大志・池田直史  【ベーシック+】ファイナンス   中央経済社  2020  978-4502331114 
3. 山本拓・竹内明香  入門計量経済学―Excelによる実証分析へのガイド   新世社  2013  978-4883841981 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
ホームページ:https://sites.google.com/view/souhei-ishida/home
Twitter:@souhei_seminar 
注意事項
Notice
企業見学等を実施する場合、先方からの求めによって氏名などの個人情報を提供することがあります。 


PAGE TOP