シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/線形代数学1演習
(Exercises in Linear Algebra 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 佐藤 信哉(SATO NOBUYA)
松澤 陽介(MATSUZAWA YOHSUKE) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) 4406(Room)
単位 (Credit) 1単位(1 Credit) 
科目ナンバリング
(Course Number)
MAT1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CA004 



授業の
目標
Course
Objectives
線形代数の初歩を習得する。具体的には行列式や逆行列の計算を正確に行えるようになる。また連立1次方程式の解法など, 行列を用いた計算の応用を理解する。更に, 行列の階数, 線形写像などの抽象的な概念にもなじむ。 
Learn the basics of linear algebra. Specifically, you will be able to calculate the determinant and the inverse of matrices precisely. You will also understand the application of calculations using matrices, such as for solving simultaneous linear equations. You will also become familiar with abstract concepts such as matrix rank and linear mapping. 
授業の
内容
Course
Contents
線形代数は数学や物理学において欠かすことのできない道具として縦横に用いられる。「線形代数入門」でその初歩について学んだが、この「線形代数学1」と2年春学期の「線形代数学2」で本格的に学ぶ。「線形代数学1」では数ベクトルや行列に関する基本的な計算法から始め、正方行列の行列式や逆行列といった基本的な対象の計算法を学ぶ。また、行列を用いた連立1次方程式の解法や線形写像など、行列の概念の応用にも触れる。これらの応用は、「線形代数学2」で学ぶ、より抽象的な議論への準備ともなる。 
Linear algebra is an indispensable tool in mathematics and physics and has a wide range of applications. “Introduction to Linear Algebra” touches on the basics, but full-scale study occurs here in “Linear Algebra 1” and in “Linear Algebra 2” in the spring semester of year 2.
In “Linear Algebra 1,” students begin by reviewing basic computation methods for numerical vectors and matrices, then learn basic calculation methods for the determinant of square matrices and inverse matrices. It also touches on the application of matrix concepts such as solving simultaneous linear equations using matrices and linear mapping. These applications prepare you for more abstract discussions that you will study in “Linear Algebra 2.” 
授業計画
Course
Schedule
1. ベクトルと行列の演算(復習) 
2. 連立1次方程式と掃き出し法 (1):基本変形と掃き出し法 
3. 連立1次方程式と掃き出し法 (2):階段行列と行列の階数 
4. 連立1次方程式の一般解と行列の階数 
5. 行列式 (1) :置換 
6. 行列式 (2) :行列式の定義と性質 
7. 行列式 (3) :行列式の定義と性質(続き) 
8. 行列式の余因子展開 (1) :余因子 
9. 行列式の余因子展開 (2) :クラメールの公式と逆行列の公式 
10. 数ベクトル空間 (1):数ベクトル空間 
11. 数ベクトル空間 (2):数ベクトル空間の基底 
12. 数ベクトル空間 (3):基底の変換 
13. 数ベクトル空間の間の線形写像 (1):線形写像の定義と性質 
14. 数ベクトル空間の間の線形写像 (2):線形写像の定義と性質(続き) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
春学期の「線形代数入門」の内容をしっかり身に付けておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 45  %  
平常点(In-class Points) 55  %
授業内課題(30%) 、小テスト(25%)
備考(Notes)
「線形代数学1」の講義と演習は一体のものとして評価する。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 三宅敏恒  『線形代数学 初歩からジョルダン標準形へ』   培風館  2008  978-4563003814 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 佐藤信哉  『連立1次方程式から学ぶ線形代数』   日本評論社  2011  978-4535786486 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP