シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/微分と積分入門
(Introduction to Differential and Integral Calculus) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 小森 靖(KOMORI YASUSHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 4406(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
MAT1300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CA005 



授業の
目標
Course
Objectives
実1変数関数の微分法積分法,数列・関数の極限について,基礎理論および計算手法を学ぶ。 
Learn the basic theory and calculation methods for real single-variable functions, such as differentiation, integration and limits. 
授業の
内容
Course
Contents
高等学校で学んだ微積分の復習から出発して,より厳密な取り扱い方を学んでいく。大学で学ぶ数学では厳密性・論理性が重視されるが,この講義では微分積分学を通して,「厳密に扱う」とはどういうことかに触れることが目的である。 
We will start with a review of high-school calculus, and then explain how to handle it more rigorous manner. University-level mathematics places high emphasis on rigorous logic; the objective of this lecture is to touch on what it means to “treat rigorously” through the studies on calculus. 
授業計画
Course
Schedule
1. 高等学校での微分積分の復習 
2. 微分法(1) 
3. 微分法(2) 
4. 積分法(1) 
5. 積分法(2) 
6. 実数の性質 
7. ε-N論法と数列の極限(1) 
8. ε-N論法と数列の極限(2) 
9. 無限級数(1) 
10. 無限級数(2) 
11. ε-δ論法と関数の極限(1) 
12. ε-δ論法と関数の極限(2) 
13. 連続関数の性質(1) 
14. 連続関数の性質(2) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
高校での学習の十分な復習を行うことを期待する。特に,教科書に記載された証明までを理解すること,および,さまざまな具体的関数に対する計算問題について,十分に習熟しているようにすること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
中間テスト(40%)
備考(Notes)
「微分と積分入門演習」と一体として評価する。
テキスト
Textbooks
特に指定しない。必要に応じて資料を配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 佐藤文広  『数学ビギナーズマニュアル [第2版]』   日本評論社  2014  4535787557 
2. 難波誠  『微分積分学』   裳華房  1996  4785314087 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP