シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CA173/情報科学6(マルチメディア論実習)
(Information Science 6) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 横山 和弘(YOKOYAMA KAZUHIRO)
安田 雅哉(YASUDA MASAYA)
筧 三郎(KAKEI SABUROU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期他 (Spring Others)      
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
MAT2430 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 集中講義:日程は理学部掲示板を確認すること 
テキスト用コード (Text Code) CA173 



授業の
目標
Course
Objectives
コンピュータが取り扱う画像・音・映像などのさまざまなデータの処理に使われる数学理論を,実際にコンピュータを使った実習を通して学ぶ。 
Students learn about the mathematical theories computers use to process various types of data such as images, sound and video through practical exercises using computers. 
授業の
内容
Course
Contents
ネットワーク上を音や画像・映像などが頻繁に利用されている。また携帯電話でも動画像が手軽に見られ,専用の放送も予定されている。ここで重要なのは,いかに少ないデータ量で上質の音声や画像を表現するかである。この基本はフーリエ変換であって,数学の見事な応用が実感できるものである。
最終日には3次元画像の作り方を数学的に調べ,実習で確認する。 
Sounds, images and videos are frequently used on the network. In addition, videos are easily viewed with mobile phones and dedicated broadcasts are also arranged. The important point here is how to represent high-quality audio and images using a small amount of data. This is based on Fourier transforms, which is one of the splendid applications of mathematics to be experienced.
On the final day, students investigate how to mathematically create 3D images and confirm this through practical exercises. 
授業計画
Course
Schedule
1. 1次元データの処理。とくに音声信号のフーリエ変換による処理を中心に説明する。応用として音程,音色の数学的意味を考察する。 
2. 1次元データの処理 
3. 1次元データの処理 
4. 1次元データの処理 
5. 1次元データの処理 
6. 2次元データの処理。とくに画像のフーリエ変換による処理を説明し,静止画像の圧縮と動画像処理の基本について述べる。 
7. 2次元データの処理 
8. 2次元データの処理 
9. 2次元データの処理 
10. 2次元データの処理 
11. 3次元データの処理。とくにレイ・トレーシングによる3D画像作成の数学的背景の解説,および,実習を行う。 
12. 3次元データの処理 
13. 3次元データの処理 
14. 3次元データの処理 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,必要に応じて別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席態度(50%) 、授業内で行う複数回の課題(50%)
テキスト
Textbooks
プリントを配付する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
夏休み期間中に3日間の集中講義として行う。
日程は決定次第,R Guideに掲出する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP