シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CA415/情報数理 2
(Mathematical Information Theory 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 野呂 正行(NORO MASAYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) 4339(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
MAT3410 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CA415 



授業の
目標
Course
Objectives
「計算機入門2・同演習」,「計算機3・4」,「情報数理1・演習」に引き続き,C言語のプログラミングを通して,やや応用的なアルゴリズムや数値計算の方法を学ぶ。 
Following “Introduction to Computer Science 2 and Exercises,” “Electronic Computer 3 and 4” and “Mathematical Information Theory 1 and Exercises,” students learn somewhat more applicable algorithms and numerical calculation methods through programming in the C language. 
授業の
内容
Course
Contents
「情報数理2演習」とペアになる授業である。「情報数理2」では理論を中心とした講義を行い,「情報数理2演習」では同一内容のプログラミングからレポート作成までを行う。C言語の文法についてはほぼ習得済みとする。プログラミング作成と数学的理論を利用して,より高度なアルゴリズムの学習やプログラムの作成を行う。内容は,離散フーリエ変換,代数方程式の解法,固有値の計算法,微分方程式の解法, 記号処理である。「情報数理2演習」で利用するソフトウェアはC言語が中心になるが,課題により他の言語、あるいは数式処理ソフトも利用する。 
This class is paired with “Exercises in Mathematical Information Theory 2.” “Mathematical Information Theory 2” contains lectures focused on theory, and in “Exercises in Mathematical Information Theory 2” students practice these contents, from programming to report creation. It is assumed that students have just about finished learning the syntax of the C language. Use programming and mathematical theory to learn more sophisticated algorithms and create more advanced programs. Contents include the basics of discrete Fourier Transforms, solving algebraic equations, calculating eigenvalues, solving differential equations and symbolic processing. Software used in “Exercises in Mathematical Information Theory 2” centers on the C language, but depending on the problem, other languages or formula manipulation software are used. 
授業計画
Course
Schedule
1. フーリエ級数,離散フーリエ変換(DFT) 
2. 高速フーリエ変換(FFT) 
3. FFTの応用 
4. ニュートン法とDKA法 
5. Sturmの方法 
6. 固有値の計算法(1):Jacobi法 
7. 実対称行列の三重対角化 
8. 固有値の計算法(2):ハウスホルダー法およびべき乗法 
9. 常微分方程式の数値解法 
10. ルンゲ-クッタ法 
11. 偏微分方程式の数値解法 
12. 記号処理(1) 
13. 記号処理(2) 
14. 最終テスト 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外(予習・復習等)の学習に関する指示は,必要に応じて別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終テスト(Final Test)(40%) 、出席態度(20%) 、課題(40%)
備考(Notes)
「情報数理2」と「情報数理2演習」の単位認定はまとめて行う。
テキスト
Textbooks
資料を配付する。
参考文献
Readings
授業中に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP