シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/力学 1
(Classical Mechanics 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 栗田 和好(KURITA KAZUYOSHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) M202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PHY2100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CB038 



授業の
目標
Course
Objectives
力学は物理学を学ぶにあたって最も基本的な科目の一つである。自然現象の中から法則を見いだす自然科学の方法が典型的に現れている。また力学で使われる基本概念は他の物理学の科目でも重要なものである。授業ではこれらのことに注意しながら,力学で使われる基本概念や物理量の意味を理解して、それらを問題解決に応用できる力を身につける。 
Classical mechanics is one of the most fundamental subjects in physics. The methods of extracting the laws from phenomena in nature are typically displayed. The fundamental concepts in classical mechanics are often applicable to other fields of physics. The purpose of the class is to understand the meaning of the basic concepts and physical quantities and to apply them to solve problems. 
授業の
内容
Course
Contents
「力学1」では主に1個の質点の運動を取り扱う。質点の運動の記述からはじめ,ニュートンの運動法則から質点の運動を求める手法を理解する。さらに物理学では大変重要な概念であるポテンシャルについて理解し,いくつかの保存則を導入する。対象とする物理現象は,高校の物理で取り扱ったものと大差はないが,この授業では微分積分を使って運動を記述し,運動方程式を微分方程式として解けるようになることを目指す。受講者はあらかじめ講義で学習する内容を予習し,宿題として与えられた演習問題を解いてくることが求められる。授業では各単元のキーポイント,その背景にある物理的概念,身近な例,そして新出の数学を含めた議論・対話から物理の思考法の習得を目指す。 
"Classical Mechanics 1" mainly deals with the particle mechanics. Starting from the description of the particle motion, the meaning of Newton's second laws of motion is to be understood. The importance of the new concept of potential energy is emphasized and new conservation laws are introduced. The physical setups are basically the same as those learned in high school. However, differential equations are introduced and the analytical solutions will be obtained. Students need to prepare for the classes by reading and understanding the subjects in the textbook for the week. Homework problems are to be solved as well before coming to the class. Students are required to obtain the physics point of view in discussing and having dialogs on key physics concepts, examples in daily life and the new mathematical methods. 
授業計画
Course
Schedule
1. 運動の法則と基本概念 
2. 力と運動 
3. 運動量と力積 1 
4. 運動量と力積 2 
5. 運動方程式の解法 1 
6. 運動方程式の解法 2 
7. 運動方程式の解法 3 
8. 中間テスト 
9. 仕事とエネルギー 1 
10. 仕事とエネルギー 2 
11. 仕事とエネルギー 3 
12. 極座標による記述 1 
13. 極座標による記述 2 
14. 角運動量 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
教科書に書いてある定義など情報伝達については宿題として予習を課す。授業内対話に時間を使うので、次の授業範囲を熟読・理解してくることが必須である。「対話」とは問いを立て,それに答えるための議論を行い,その中で生じた新たな問いに向き合うような継続的な問いと答えの連関により本質に迫っていく手法のことである。 自己および相互評価により,自分が関わった「対話」の質を振り返ることが重要である。毎回出すBlackboard上の問に答えてくることも教科書を理解する助けとなる宿題である。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
予習問題(30%) 、確認問題(30%) 、ラーニングログ(10%) 、レポート(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 兵藤俊夫  『考える力学』   学術図書出版社  2001  978-4-87361-099-3 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 田原真人  『微積で楽しく高校物理がわかる本』   秀和システム  2006  978-4798012803 
2. 潮秀樹  『よくわかる物理数学の基本と仕組み』   秀和システム  2004  978-4798006987 
3. 原島鮮  『力学 3訂版』   裳華房  1985  978-4785320201 
4. 吉田春夫  『キーポイント 力学』   岩波書店  1996  978-4000079563 
5. アンドリュー エルビィ  『力学の考え方(上) 』   ピアソン桐原  2009  978-4894714281 
6. ファインマン、レイトン、サンズ  『ファインマン物理学 I 力学』   岩波書店  1986  978-4000077118 
7. John R. Taylor  Classical Mechanics   Univ. Sci. Books  2005  978-1891389221 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
最初の5回(5/18まで)はオンライン実施とし、その後は対面で実施する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP