シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CB107/原子核概論
(Introductory Nuclear Physics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 栗田 和好(KURITA KAZUYOSHI)
村田 次郎(MURATA JIRO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 4時限(Period 4) X301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PHY2410 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CB107 



授業の
目標
Course
Objectives
物質の基本要素としての原子核の基礎知識を身につけ、四つの相互作用の性質を理解する。 
To understand the basic properties of nuclei as the fundamental constitutes of matter and four fundamental interactions. 
授業の
内容
Course
Contents
原子の中心に位置する原子核は、電磁相互作用、強い相互作用と弱い相互作用が全て重要な役割を果たす舞台である。これらに重力を加えた四つの相互作用は、原子核の性質を探る中で理解されてきた。この授業では、具体的な原子核の性質と共に、相互作用の一般論から、これらの統一理論を含む現代的な視点を紹介する。適宜、授業中に演習問題を解く事で理解を深める形式をとる。 
Nuclei are located at the center of the atom, where electromagnetic, strong and weak interactions play important roles. Together with gravitational interaction, these four interactions have been understood during investigating nuclear properties. In this class, concrete properties of nuclei, together with the general treatment of the fundamental interactions will be introduced, including the unified theories. Also, problems should be solved during the class to improve better understandings. 
授業計画
Course
Schedule
1. 物質の階層 
2. 原子と原子核 
3. ラザフォード散乱 
4. 原子核の基本的性質 
5. 電磁相互作用で探る原子核 
6. 核力と強い相互作用 
7. クォーク多体系 
8. 弱い相互作用 
9. 原子核崩壊、反応と天体核物理 
10. 相互作用の一般論 
11. パリティ対称性とその破れ 
12. CP/T対称性とその破れ 
13. 標準理論と統一理論 
14. 重力と高次元宇宙 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時に紹介する文献、課題など 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
最終レポート(Final Report)(30%) 、中間レポート(30%) 、授業参加度(40%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP