シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CB134/宇宙地球系物理概論
(Introduction to Astrophysics and Solar Terrestrial Physics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 亀田 真吾(KAMEDA SHINGO)
田口 真(TAGUCHI MAKOTO)
山田 真也(YAMADA SHINYA) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) M302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
PHY2310 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CB134 



授業の
目標
Course
Objectives
最新の研究成果に基づき,宇宙の諸階層の構造と進化,高エネルギー現象,ブラックホール,地球・月を含む惑星及び太陽系内小天体,系外惑星について理解する。 
The aim of this course is to understand the structure of the universe and its evolution, high-energy phenomena, black holes, planets (including the earth and moon) and small bodies in the solar system, and exoplanets, based on the latest research results. 
授業の
内容
Course
Contents
3教員及びゲストスピーカーによる以下の内容で構成される。
田口:探査機や地上望遠鏡による観測結果及び大気力学・化学理論に基づいて地球を含めた惑星大気現象を概説する。地球の極域科学について、物理学以外の分野も含めて紹介する。また、惑星観測の手法として主に光を使ったリモートセンシングの原理と具体例を解説する。
山田:銀河の中には超巨大ブラックホールが存在すると考えられており、ガスや星形成などの銀河の進化とブラックホールの成長には強い相関があるということや、より大きな銀河団の中でもブラックホールの及ぼす影響が注目されている。これら未解決の問題とその解明に挑む最先端の宇宙X線観測技術について解説する。
亀田:はやぶさ2,火星衛星探査計画などの小天体探査計画を通じ,初期地球の進化に関する研究成果を紹介する。また,太陽系外惑星の観測手法と将来計画について紹介し,系外惑星がどこまで分かり,どこまで分かっていないか,解説する。
ゲストスピーカ1 佐藤浩介 「銀河団と、そのX線による観測」
ゲストスピーカ2 勝田 哲「超新星残骸とX線による観測」 
This course is composed of 3 parts:
(1) Overview of phenomena in the planetary atmospheres based on the observations by planetary probes and ground-based telescopes and theories of planetary physics and chemistry. Introduction of polar sciences including fields other than physics. Principle and application of optical remote sensing for planetary observation.
(2) A supermassive black hole that resides in a galaxy, where it is believed to affect the star formation rate and the thermal history of inner galactic gas and to interact with the gas in a cluster of galaxies. Overview of a supermassive black hole, a cluster of galaxies, co-evolution of the galaxy and the black hole, and the latest X-ray observation technologies used for the space mission.
(3) Introduction of Hayabusa2, Martian Moon Exploration mission, and exoplanetary science 
授業計画
Course
Schedule
1. 水星,月,小惑星の形成・現在の環境(亀田)  
2. 小惑星の性質・火星衛星(亀田) 
3. 多種多様な系外惑星(亀田) 
4. 系外惑星観測手法(亀田)  
5. 宇宙X線観測の基礎(山田)  
6. 活動銀河核(山田) 
7. 銀河団(山田) 
8. 最先端の宇宙X線観測(山田)  
9. 佐藤浩介 「銀河団と、そのX線による観測」 
10. 勝田 哲「超新星残骸と、X線による観測」 
11. 地球型惑星の大気(田口) 
12. オーロラ発光の物理(田口) 
13. 極域科学(田口) 
14. 惑星リモートセンシングの基礎技術(田口) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
必要に応じてBlackboardで指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
小テスト(14回)(100%)
備考(Notes)
授業内の小テスト(14回)で評価する。
テキスト
Textbooks
担当者別に授業時に示す。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Sara Seager  Exoplanet Atmospheres: Physical Processes   Princeton University Press  2010  978-0691146454 
2. Jean-Pierre de Vera  Habitability of Other Planets and Satellites   Springer  2015  978-9400792166 
3. 井田 茂   『惑星形成の物理 ―太陽系と系外惑星系の形成論入門―』   共立出版  2015  978-4320035263 
4. Hale Bradt  Astrophysics Processes: The Physics Of Astronomical Phenomena   Cambridge University Press    978-1107677241  
5. 北本俊二、原田知広、亀田真吾  『宇宙まるごとQ&A』   理工図書  2021  978-4-8446-0904-9 
その他(Others)
ここに挙げた他,担当者別に授業時に示す。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業中の私語は厳しく対処する。15分以上の自己都合の遅刻は欠席扱い。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP