シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/有機化学 2
(Organic Chemistry 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 箕浦 真生(MINOURA MAO) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) M302(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE2400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CC014 



授業の
目標
Course
Objectives
有機化学の基礎となる化学反応を中心に,有機化学について系統的に理解する。 
Focusing on the chemical reactions which form the backbone of organic chemistry, this course aims to give students a systematic understanding of the field. 
授業の
内容
Course
Contents
大学の授業で扱う有機化学は体系的にまとめられている。本学では官能基別体系に沿った講義展開をしており,その内容は「有機化学1~3」とそれに続く発展的科目に分けられている。本講義では,「有機化学1」に引き続き,各種有機化合物(アルデヒド・ケトン・カルボン酸誘導体・芳香族化合物など)の構造や反応などについて講義する。カルボニル基やアミノ基などの各官能基の特徴的な性質について解説し,それらに起因する有機化合物の反応について,有機化学の基礎的な概念(混成軌道・共鳴効果・誘起効果など)に基づいて解説する。 
The organic chemistry concepts and reactions traditionally taught in lectures have been systematically condensed into this course. In our university, understanding and uses of various functional groups are discussed in the lectures, which are divided into Organic Chemistry 1 – 3 and other more advanced courses. This course is a continuation of Organic Chemistry 1. The structures and reactions of various classes of organic compounds (aldehydes, ketones, carbonic acid derivatives, and aromatic compounds) will be discussed with the mechanistic approach. The characteristic properties of carbonyl and amino groups will be discussed along with the reactions of organic compounds containing them. This lecture will build upon concepts fundamental to organic chemistry (hybridized orbitals, resonance effects, and induction effects). 
授業計画
Course
Schedule
1. 有機化学の基礎概念の復習と確認テスト 
2. 酸と塩基,共鳴効果と誘起効果 
3. カルボニル化合物の求核付加反応 
4. ケト・エノール互変異性,アルドール反応,クライゼン縮合,アルキル化反応 
5. 中間テスト-1:講義1~4回のまとめ 
6. 共役付加反応 
7. Grignard反応,カルボン酸誘導体の反応 
8. カルボニル化合物のヒドリド還元とアルコールの酸化反応 
9. 転位反応 
10. 中間テスト-2:講義6~9回のまとめ 
11. 芳香族求電子置換反応(1) 
12. 芳香族求電子置換反応(2) 
13. 付加環化反応 
14. 有機合成と逆合成解析 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
「有機化学1」の学習内容について復習しておくこと(巻矢印を使った電子の動きの記述法など)。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
中間テスト(2回)(50%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 奥山格・石井昭彦・箕浦真生  『有機化学』改訂2版   丸善出版  2016  9784621089774 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
<初回講義に必ず出席の事>

ゲスト・スピーカーの招聘(1回)を予定している。
必要に応じて、オンデマンドによる講義配信を行なう場合もある。
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP