シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/分析化学入門
(Introduction to Analytical Chemistry) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 宮部 寛志(MIYABE KANJI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 2時限(Period 2) M301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE1300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者適用, 化学科学生限定
【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等は立教時間に掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) CC074 



授業の
目標
Course
Objectives
分析化学の基礎および化学量論に基づく化学平衡関係の定量的解析法の修得を目標とする。 
This course aims to teach students the fundamentals of analytical chemistry as well as quantitative analysis methods grounded in stoichiometric chemical equilibrium. 
授業の
内容
Course
Contents
 化学分析の目的は各成分の同定(定性)や濃度測定(定量)等であり,その方法論は化学的手法(容量分析法や重量分析法等)と物理学的手法(機器分析法)に区分される。分析化学はこの化学分析の理論的,実験的基礎となる学問である。
 本講義では,先ず分析化学の全体像を概説し,基本項目(単位、濃度表記や数量情報の処理法等)を説明する。次に,溶液内化学平衡の取扱いを熱力学的観点から解説する。その後,酸塩基平衡を具体例として化学量論的解析手順を説明し,酸塩基平衡の関連項目を解説する。さらに,緩衝作用や多塩基酸の酸解離の化学量論的取扱いについて講義を行う。最後に,分析化学の基礎と化学量論計算について,講義内容を確認する。 
The goal of analytical chemistry is the identification of all of a substance’s components (qualitative) and concentrations (quantitative). The methodology employed to do so can be divided into chemical methods (volumetric methods, gravimetric methods, etc.) and physical methods (instrumental analysis). Analytical chemistry is a discipline that forms the foundation of chemical analysis from both a theoretical and experimental standpoint.
In this lecture, students will receive the complete picture of the important areas of analytical chemistry (units, how to deal with varying means of expressing concentration and quantity of a substance, etc.). Following this, students will be shown how to deal with chemical equilibrium in solution from a thermodynamic perspective. Afterwards, using acid-base equilibrium as a concrete example, stoichiometric analysis procedures will be explained together with related topics. After this, the common ion effect will be discussed along with how to treat the dissociation of polyprotic acids from a stoichiometric perspective. At the end, the course’s contents will be solidified with a review of the fundamentals of analytical chemistry and stoichiometric calculations. 
授業計画
Course
Schedule
1. 分析化学の概要と基礎、物理量、SI単位 
2. 濃度表記、数値の取扱い(有効数字と誤差等) 
3. データの統計処理(正確さと精度等) 
4. 活量と化学平衡の熱力学的基礎 
5. 酸塩基の定義と酸塩基平衡の基礎 
6. 化学量論計算の基礎(1) 
7. 化学量論計算の基礎(2) 
8. 化学量論計算の基礎(3) 
9. 多塩基酸の酸解離(1) 
10. 多塩基酸の酸解離(2) 
11. 酸塩基中和滴定 
12. 緩衝溶液と緩衝作用 
13. 緩衝能 
14. 分析化学の基礎と化学量論計算のまとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,必要に応じて別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 宗林由樹・向井 浩  『基礎 分析化学』   サイエンス社  2008  9784781911557 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
積み上げ方式で講義内容を解説しますので,毎回の授業内容を確実に修得し,それを積み重ねることが重要です。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP