シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/有機化学入門
(Introduction to Organic Chemistry) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 箕浦 真生(MINOURA MAO)
山中 正浩(YAMANAKA MASAHIRO)
森本 正和(MORIMOTO MASAKAZU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) D301(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE1400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者適用,化学科学生限定 
テキスト用コード (Text Code) CC075 



授業の
目標
Course
Objectives
有機化学の基礎となる,有機分子の結合様式と構造と共鳴法を理解し,巻矢印で電子の流れを表して有機分子の反応がどのように起きるかを理解できることを目標とする。          
This course aims to give students an understanding of resonance effects as well as the nature and structure of the bonds between atoms in organic molecules. Additionally, it aims to show students how to denote the flow of electrons using curved-arrow notation, gaining a clearer understanding of how reactions occur between organic molecules.          
授業の
内容
Course
Contents
有機化合物を作り上げる結合の基本原理と,反応を支配する電子の流れを理解することによって,生命のしくみと物質の世界を支配する有機化学の基礎を学ぶ。高等学校レベルの化学の有機化学分野と大学で学ぶ有機化学をつなぐ授業である。
ルイス構造を正しく書き,共鳴法について学び,電子の流れを巻矢印で示し,化学結合の切断と生成を表すことによって,反応機構を含む有機化学の基礎を学ぶ。 
By gaining a firm understanding of the chemical bonds that make up organic compounds and the flow of electrons that dictates the organic reactions, students will learn the fundamentals of organic chemistry that govern life itself. This is a course that connects the high school chemistry courses with the organic chemistry learned at the collegiate level.
Students will learn how to properly write Lewis dot structures and understand the causes and effects of resonance structures. By learning how to denote the flow of electrons and the breaking and formation of chemical bonds with curved-arrow notation, students will learn the fundamentals of organic chemistry with reaction mechanisms.
 
授業計画
Course
Schedule
1. 有機化合物と結合様式 
2. ルイス構造式(1) 
3. ルイス構造式(2) 
4. ルイス構造式(3) 
5. 共鳴法(1) 
6. 共鳴法(2) 
7. 共鳴法(3) 
8. 共鳴法(4) 
9. 共鳴法(5) 
10. 反応機構の書き方(1) 
11. 反応機構の書き方(2) 
12. 反応機構の書き方(3) 
13. 反応機構の書き方(4) 
14. 反応機構の書き方(5) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
予習は必要としないが,復習課題としてワークブックを適宜指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
小テスト(複数回)(100%)
備考(Notes)
講義中に適宜確認テストを行う。
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 奥山 格  『有機化学』ワークブック   丸善出版  2009  978-4-621-08179-2 
2. 奥山 格・石井 昭彦・箕浦 真生  『有機化学』改訂2版   丸善出版  2016  978-4-621-08977-4 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
必要に応じて、講義のオンデマンド配信を行なう場合もある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP