シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/基礎化学実験
(Basic Experiments in Chemistry) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 松下 信之(MATSUSHITA NOBUYUKI)他 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) C202(Room)
春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) C202(Room)
春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) C202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE1100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 学びの技法
化学科学生限定
【4/1追記】初回授業はオンラインで実施する。初回授業のURL等はBlackboardに掲載するので必ず事前に確認すること。 
テキスト用コード (Text Code) CC078 



授業の
目標
Course
Objectives
導入期における「学びの技法」の科目であり,化学の研究を行う上で必要となる実験技術および計算・情報科学の基礎の修得を目標とする。同時に,研究に対する心構え,倫理・行動規範や安全管理,情報リテラシーなどについても学ぶ。 
As an introduction phase in “Academic Learning Methods,” this discipline teaches students the fundamental experimental techniques, calculations, and information science knowledge required from one who wishes to conduct chemical research. At the same time, students will learn the proper mental attitude, ethics, conduct, safety management skills, and information literacy required by those wishing to go into research. 
授業の
内容
Course
Contents
本科目は実験系科目であり,(1)情報科学,(2)合成実験,(3)測定実験の三つのカテゴリから成り立っている。(1)情報科学では,昨今のネットワーク,モバイル環境の急激な変化に適切に対応できるように大学生として必須な情報科学の基礎について学ぶ。(2)合成実験では簡単な有機化合物の合成を通して,試薬の秤量やろ過などの原理と基礎技術を身につける。(3)測定実験では中和滴定を通じて,酸・塩基,pH測定,滴定の原理と技術,得られたデータの処理方法について学ぶ。 
This discipline is laboratory based, and consists of the following three categories: (1) information science, (2) synthesis experiments, and (3) measurement experiments. (1) In the information science, students will learn the fundamental information necessary to appropriately interact with the sudden changes brought about by the internet and mobile devices. (2) In the synthesis, students will synthesize simple organic compounds, familiarizing themselves with the fundamental skills of weighing and filtering reagents. (3) In the measurement experiment, students will perform a neutralization titration, learning about the theory and techniques employed while dealing with acids, bases, pH measurement, and titrations. Additionally, students will learn about how to process the data they gather. 
授業計画
Course
Schedule
1. 全体および情報科学ガイダンス 
2. 情報科学(1) 
3. 情報科学(2) 
4. 情報科学(3) 
5. 実験ガイダンス 
6. 実験機器の取り扱い方 
7. 合成実験(1) 
8. 合成実験(2) 
9. 合成実験(3) 
10. 合成実験(4) 
11. 測定実験(1) 
12. 測定実験(2) 
13. 測定実験(3) 
14. 測定実験(4) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
『基礎化学実験指針』を理解し,十分に予習してから実験・演習に望むこと。実験をする前までに実験ノートに実験計画を作成する。その他,実験前課題など実験ごとに指示がある。十分な準備が出来ていない者には実験を許可しない場合があるので,注意すること。また,実験終了後には実験報告(複数回)の提出が必須である。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
実験態度,実験報告,面接の総合評価(100%)
備考(Notes)
ガイダンスには必ず出席すること。遅刻は当日の実験が受けられないこともあるので注意すること(詳細はガイダンスで説明する)。
テキスト
Textbooks
ガイダンスで『基礎化学実験指針』を配付する。
参考文献
Readings
必要に応じて指針に掲載するか,もしくは授業時にアナウンスする。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業では,試薬・ガラス器具・測定機器などを用いた実験や,コンピュータを用いた情報科学演習を行う。
実験ノートや実験報告書の内容について,個別面接などによりフィードバックを行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP