シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/分析化学 1
(Analytical Chemistry 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 佐々木 直樹(SASAKI NAOKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 4時限(Period 4) M201(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE2300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者適用 
テキスト用コード (Text Code) CC080 



授業の
目標
Course
Objectives
各種機器分析法の基本原理や特徴を理解すると共に,定性・定量分析,構造解析や状態分析等への応用の枠組みを理解する。機器分析法の基礎の修得を目標とする。 
By gaining a fundamental understanding of the principles and theory behind various instrumental analysis techniques, the groundwork will be laid for students to apply both qualitative and quantitative analysis methods as well as structural and state analysis methods to practical problems. This course aims to teach students fundamental instrumental analysis techniques. 
授業の
内容
Course
Contents
 各種の機器分析法が,目的成分や分析対象物質の定性・定量分析,構造解析,状態分析や物性解析等に幅広く利用されている。本講義では,主に汎用性の高い各種分光分析法と分離分析法について,その基本原理や特徴を解説する。
 まず,分光分析法について概説し,その後各種分光分析法について個別に基本項目を説明する。次に,分離分析法について概説し,その後各種分離分析法について個別に基本項目を説明する。 
A wide variety of instrumental analysis methods are used in order to gain qualitative and quantitative data on various analytes. Additionally, instruments can be used for structural analysis, state analysis, and the determination of an analyte’s physical properties, among many other things. In this lecture, the fundamental ideas behind highly versatile spectroscopic analysis methods and separation analysis methods will be discussed.
First, the general ideas behind spectroscopy will be introduced, after which the fundamentals behind various individual spectroscopic analysis methods will be explained. Next, the general ideas behind separation analysis will be introduced, after which the fundamentals behind various individual separation analysis methods will be explained. 
授業計画
Course
Schedule
1. 機器分析序論、分光分析の基礎 
2. 吸光分析 
3. 蛍光分析 
4. 赤外・ラマン分光分析 
5. 核磁気共鳴分析 
6. 質量分析 
7. 前半のまとめと中間テスト 
8. 電気化学分析 
9. クロマトグラフィーの基礎 
10. ガスクロマトグラフィー 
11. 液体クロマトグラフィー 
12. 電気泳動分析 
13. 顕微イメージング 
14. マイクロ流体分析 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業時間外の学習に関する指示は,必要に応じて別途指示する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 50  %  
平常点(In-class Points) 50  %
中間テスト(30%) 、授業内の小テスト(20%)
テキスト
Textbooks
プリントを配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 大谷肇(編著)  『機器分析』   講談社  2015  978-4-06-156807-5 
2. 井村久則・樋上照男(編)  『基礎から学ぶ機器分析化学』   化学同人  2016  978-4-7598-1808-6 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP