シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/無機化学 1
(Inorganic Chemistry 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 松下 信之(MATSUSHITA NOBUYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 5221(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE2500 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者適用 
テキスト用コード (Text Code) CC081 



授業の
目標
Course
Objectives
無機化学における反応の基礎として,酸・塩基の反応,酸化還元反応を理解する。さらに,金属配位化合物を酸・塩基の立場からとd軌道の結合の立場から理解する。また,無機化学の各論・元素科学の入門基礎として水素と水素の化合物を理解する。 
This course aims to give students an understanding of acid-base reactions and oxidation-reduction reactions as basics of inorganic chemistry. Furthermore, an understanding of metal coordination compounds from the standpoint of acid-base reactions and d-orbital bonds is aim. Additionally, an understanding of hydrogen, in terms of elemental science, and hydrogen compounds is also aim. 
授業の
内容
Course
Contents
無機化学は無機物質を対象としているが,無機物質の諸性質や特徴を羅列的に網羅的に取り扱うものではない。周期表に基づき元素の特徴を理解し,様々な無機物質の諸性質や反応などを系統的に理解する分野である。
本科目では,まず無機化学において重要で基礎である反応として,酸・塩基反応,酸化還元反応を,高校で学習した内容から発展させながら学習する。
次に,高校では深く学習していない金属配位化合物に関して,酸・塩基の立場からとd軌道の結合の立場から学んでいく。
最後に,無機化学各論,すなわち,元素科学的視点で,周期表筆頭である水素について,水素原子,水素分子,水素の化合物と掘り下げながら,他の元素との接点にも注意を払い学習する。 
Inorganic chemistry chiefly deals with inorganic substances, however it is impossible to pull all types of inorganic compounds, each with their own unique properties and characteristics, under a single comprehensive umbrella. In this field, students will gain an understanding of an element’s characteristics via the periodic table, allowing them to systematically understand the properties and reactions for various inorganic substances.
In this course, students will first learn acid-base and oxidation-reduction reactions as fundamental and important chemical reactions in inorganic chemistry, based on an understanding in high school.
Next, students will learn about metal coordination compounds, which were not thoroughly covered in high school, from the perspective of acid-base reactions and d-orbital bonds.
Lastly, students will learn about hydrogen as the first element of the periodic table in terms of elemental science. This course will give in detail properties and bonds of hydrogen atom, hydrogen molecule and hydrogen compounds, while considering about the relationship with other elements.
 
授業計画
Course
Schedule
1. 酸と塩基:ブレンステッドの酸・塩基,酸の強さ,多塩基酸 
2. 酸と塩基:強酸・弱酸,強塩基.弱塩基の定量的取扱い,水平化効果・溶媒の窓 
3. 酸と塩基:オキソ酸,酸の強さの周期表的傾向,ポーリングの規則 
4. 酸と塩基:ルイスの酸・塩基 
5. 酸と塩基:ルイス酸・塩基のHSAB則 
6. 配位化合物:配位結合,配位構造,配位化合物の命名法,異性体 
7. 配位化合物:d軌道の結合,結晶場,配位子場 
8. 配位化合物:金属錯体の光吸収,磁性 
9. 酸化還元反応:酸化と還元,半反応式 
10. 酸化還元反応:標準酸化還元電位 
11. 酸化還元反応:電池と電気分解 
12. 元素科学 水素1:元素,単体,製法,用途 
13. 元素科学 水素2:同位体 
14. 元素科学 水素3:水素化物 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
「無機化学入門」,ならびに,高校で学習した化学の内容を復習しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
使用しない.
参考文献
Readings
独学・自習用テキストとして,『シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)/(下)』(東京化学同人 2008 4807906674/4807906682)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
復習を推進し,内容の理解を深めるため,復習課題を提供する。志あるものは取り組んでほしい。
この復習課題は成績評価には含まれない。しかし,授業を受けて,間をおかずに復習し,毎回復習課題に取り組むことは,結果的に期末試験の成績をより望ましいものにすることとなる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP