シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/化学実験 A
(Standard Experiments in Chemistry A) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 佐々木 直樹(SASAKI NAOKI)他 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) C202(Room)
秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 4時限(Period 4) C202(Room)
秋学期 (Fall Semester) 金曜日(Fri) 5時限(Period 5) C202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE2100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者適用,化学科学生限定 
テキスト用コード (Text Code) CC082 



授業の
目標
Course
Objectives
化学の主要分野である物理化学,有機化学,無機化学,および分析化学の実験を行うことを通じて,実験操作やデータ解析,レポートのまとめ方等の基礎について学ぶ。実際の実験を通じて,講義科目で学んだ事柄についての理解を深める。 
By conducting experiments in the major fields of chemistry, physical chemistry, inorganic chemistry, organic chemistry, and analytical chemistry, this course aims to teach students how to manage experiments, analyze data, and write summary reports. Through conducting actual experiments, students will deepen their understanding of the concepts discussed in the lectures. 
授業の
内容
Course
Contents
物理化学実験(シュウ酸の溶解度の温度依存性と溶解熱),有機化学実験(安息香酸メチルの合成),無機化学実験(金属錯体の合成と同定),および分析化学実験(中和滴定曲線の詳細解析と終点検出機構,酸化還元滴定)を行う。各実験の前には,実験の理論的背景やデータ解析・処理の方法,グラフ・表の書き方,実験レポートのまとめ方などについての解説を行い,実験後には,マンツーマンあるいは少人数のレポート面談を実施することで,実験内容に関する理解の確認とレポート作成スキルの向上を図る。 
The experiments to be conducted are listed as follows. In physical chemistry: “Determining the Heat of Solvation and the Temperature Dependence of the Solubility of Oxalic Acid.” In organic chemistry: “Synthesis of Methyl Benzoate.” In inorganic chemistry: “Synthesis and Identification of Metal Complexes.” In analytical chemistry: “Analysis of an Acid Titration Curve and End Point Detection Mechanisms, and Redox Titration.” Before each experiment, the relevant theory will be thoroughly discussed along with data analysis and processing methods, how to create the necessary charts and graphs, and how to create the experimental report. After each experiment, one-on-one or small group interview will be conducted to ensure that students completely understand the experiment, and to help them write better reports. 
授業計画
Course
Schedule
1. 物理化学実験ガイダンス,有機化学実験ガイダンス 
2. 物理化学実験・有機化学実験(1) 
3. 物理化学実験・有機化学実験(2) 
4. 物理化学実験レポート指導,有機化学実験レポート指導 
5. 物理化学実験・有機化学実験(3) 
6. 物理化学実験・有機化学実験(4) 
7. 物理化学実験レポート面接,有機化学実験レポート面接 
8. 無機化学実験ガイダンス,分析化学実験ガイダンス 
9. 無機化学実験・分析化学実験(1) 
10. 無機化学実験・分析化学実験(2) 
11. 無機化学実験レポート指導,分析化学実験レポート指導 
12. 無機化学実験・分析化学実験(3) 
13. 無機化学実験・分析化学実験(4) 
14. 無機化学実験レポート面接,分析化学実験レポート面接 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
実験前に予習し,ノートに実験計画を作成する。その他,課題の解答等,実験ごとに指示がある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
実験前課題、実験時の姿勢,提出したレポート(実験項目ごとに提出)および面接の結果を総合的に評価する。(100%)
備考(Notes)
ガイダンスには必ず出席すること。遅刻は当日の実験が受けられなくなるので注意すること(詳細は全体ガイダンスで説明する)。物理化学実験,有機化学実験,無機化学実験,および分析化学実験はそれぞれ独立に評価され,単位取得するためには,それらすべてに合格する必要がある。
テキスト
Textbooks
それぞれの実験の指針をガイダンス時に配付する。
参考文献
Readings
必要に応じて指針に掲載するか,もしくはアナウンスする。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP