シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/化学実験 C
(Standard Experiments in Chemistry C) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 永野 修作(NAGANO SHUSAKU)他 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) C202(Room)
秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) C202(Room)
秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5) C202(Room)
秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) C202(Room)
秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) C202(Room)
秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) C202(Room)
単位 (Credit) 4単位(4 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE2100 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2016年度以降入学者適用,化学科学生限定 
テキスト用コード (Text Code) CC085 



授業の
目標
Course
Objectives
合成実験(有機化学・無機化学)および測定実験(物理化学・分析化学)を行うことを通じて,実験操作やデータ解析,レポートのまとめ方等の基礎について学ぶ。実際の実験を通じて,講義科目で学んだ事柄についての理解を深める。 
The aims of this experimental class are to learn experimental techniques, data analyses, and report-writings through synthesis experiments (organic and inorganic chemistry) and measurement experiments (physical and analytical chemistry). Through conducting actual experiments, students will raise their experimental skills and deepen their understanding of the concepts discussed in the lectures. 
授業の
内容
Course
Contents
合成実験(有機化学・無機化学)および測定実験(物理化学・分析化学)を行う。「基礎化学実験」・「化学実験A」・「化学実験B」で学んだデータ解析・処理の方法,グラフ・表の書き方に基づいて各自で準備を行い,実験後にはマンツーマンあるいは少人数のレポート面談などを実施することで,実験内容に関する理解の確認とレポート作成スキルの向上を図る。 
Students will conduct synthetic experiments (organic and inorganic chemistry) and measurement experiments (physical and analytical chemistry). Students will prepare experimental reports based on the data analysis and processing methods, as well as the graphing/table-making skills learned in “Basic Experiments in Chemistry,” “Standard Experiments in Chemistry A,” and “Standard Experiments in Chemistry B.” After each experiment, a one-on-one interview or a group interview will be conducted to ensure that students completely understand the experiment, and to help them write better reports. 
授業計画
Course
Schedule
1. 合成実験(有機化学・無機化学)(1) 
2. 合成実験(有機化学・無機化学)(2) 
3. 合成実験(有機化学・無機化学)(3) 
4. 合成実験(有機化学・無機化学)(4) 
5. 合成実験(有機化学・無機化学)(5) 
6. 合成実験(有機化学・無機化学)(6) 
7. 合成実験(有機化学・無機化学)(7) 
8. 測定実験(物理化学・分析化学)(1) 
9. 測定実験(物理化学・分析化学)(2) 
10. 測定実験(物理化学・分析化学)(3) 
11. 測定実験(物理化学・分析化学)(4) 
12. 測定実験(物理化学・分析化学)(5) 
13. 測定実験(物理化学・分析化学)(6) 
14. 測定実験(物理化学・分析化学)(7) 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
実験前に予習し,ノートに実験計画を作成する。その他,課題の解答等,実験ごとに指示がある。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
出席状況および実験時の姿勢,提出したレポート(実験項目ごとに提出)および面接の結果を総合的に評価する。(100%)
備考(Notes)
ガイダンスには必ず出席すること。遅刻は当日の実験が受けられなくなるので注意すること(詳細は全体ガイダンスで説明する)。有機化学,無機化学,物理化学,および分析化学の実験はそれぞれ独立に評価され,単位取得するためには,それらすべてに合格する必要がある。
テキスト
Textbooks
それぞれの実験の指針をガイダンス時に配付する。
参考文献
Readings
必要に応じて指針に掲載するか,もしくはアナウンスする。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
各実験の内容は下記の予定である(変更の可能性あり)。
有機化学:Grignard反応,鈴木‐宮浦カップリング反応,有機化合物のスペクトル解析
無機化学:溶媒や温度によって色が変化するニッケル錯体の合成と分光学的測定実験
物理化学:旋光度測定による擬一次反応速度定数の測定,吸着平衡量の測定,溶液の表面張力,有機色素の電子スペクトルと蛍光消光
分析化学:吸光光度法,フローインジェクション 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP