シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/CC114/有機構造決定法
(Spectrometric Identification of Organic Compounds) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 森本 正和(MORIMOTO MASAKAZU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 月曜日(Mon) 1時限(Period 1) X304(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE2400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 2015年度以前入学者は科目コード登録(CC114) 
テキスト用コード (Text Code) CC114 



授業の
目標
Course
Objectives
理学部学位授与方針/学修成果に掲げる「専門とする科学の分野において,基礎的な原理,法則,理論を理解し応用することができる」を実現できるよう,核磁気共鳴法(NMR),質量分析法(MS),赤外分光法(IR)などの機器分析の原理およびスペクトルの解析法について理解するとともに,その知識を応用してスペクトルデータから有機化合物の化学構造を決定する能力を身につける。 
A degree from the College of Science is a result of much hard work and study, and is meant to show that a student “understands the fundamental principles, laws, and theory in [their] chosen field, and can apply them as necessary.” In order to make such a statement true, students need to learn the theory behind nuclear magnetic resonance (NMR) spectroscopy, mass spectrometry (MS), infrared spectroscopy (IR), as well as other instrumental analysis methods. Students will need to learn spectral analysis methods, and be able to apply this knowledge to identify the chemical structure of organic compounds from spectral data. 
授業の
内容
Course
Contents
有機化学の研究において,機器分析により反応生成物の化学構造を決定することは重要である。本授業では,NMR,MS,IRなどの機器分析の原理とスペクトルの解析法について講義する。
NMRについては,核磁気共鳴現象の原理の概要を述べたあと,1H NMRスペクトルを解析する上で重要なポイントとなる化学シフト,積分強度,スピン結合,核の等価性について解説し,スペクトルの帰属の演習を行う。13C NMRについても,1H NMRとの相似性,相異性,相補性に着目しながら解説する。
MSについては,イオン化法やイオン分離法の原理について述べたあと,電子衝撃イオン化質量スペクトルの解釈について解説する。
IRについては,分子振動様式や選択則などについて述べたあと,重要な官能基の特性吸収帯の例を挙げ,スペクトルの解釈について解説する。
最後に,NMR, MS, IRのスペクトルデータから未知化合物の化学構造を決定する演習を行う。 
In organic chemistry research, being able to determine the chemical structure of reaction products is essential. In this lecture, students will learn the theory behind NMR, MS, IR, and other instrumental analysis methods, as well as how to interpret the spectral data.
After explaining the phenomenon of nuclear magnetic resonance, the necessary information on chemical shifts, integration intensities, spin-spin coupling, and chemical equivalence required to analyze a 1H NMR spectrum will be explained. Students will then practice how to determine a chemical structure from NMR spectra. 13C NMR will also be discussed, paying particular attention to its similarities and differences compared to 1H NMR, as well as how it can be used as a compliment to 1H NMR.
Following this, the theory behind various ionization methods and ion separation methods will be discussed. Students will then be taught how to interpret mass spectrometry data based on electron-impact ionization.
The course will then move on to IR, whereupon molecular vibrational modes and selection rules will be discussed. Students will then be taught the absorption wavenumbers of various functional groups through real examples, whereupon it will be explained how to interpret IR spectra.
Finally, students will practice identifying the structure of unknown compounds through interpretation of NMR, MS, and IR data. 
授業計画
Course
Schedule
1. 有機化学における機器分析,NMRの原理 
2. 1H NMRにおける化学シフト 
3. 1H NMRにおける積分強度 
4. 1H NMRにおけるスピン結合 
5. 1H NMRにおける核の等価性 
6. 1H NMRスペクトルの帰属 
7. 13C NMR 
8. MS 
9. IR 
10. 各種スペクトルの帰属(1) 
11. 各種スペクトルの帰属(2) 
12. 各種スペクトルによる未知化合物の化学構造決定(1) 
13. 各種スペクトルによる未知化合物の化学構造決定(2) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
授業中に学習した内容を復習する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 80  %  
平常点(In-class Points) 20  %
授業中に指示する提出物(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Silverstein他著,岩澤他訳  『有機化合物のスペクトルによる同定法』第8版   東京化学同人  2016  9784807909162 
その他(Others)
授業中に資料を配付する。
参考文献
Readings
必要に応じて授業中に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
板書・プリント資料・視覚教材(スクリーン投影)を用いる。
提出物(演習問題など)について授業中に解説し,フィードバックを行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP