シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CC175/無機化学 2
(Inorganic Chemistry 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 松下 信之(MATSUSHITA NOBUYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 1時限(Period 1) X204(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE2510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CC175 



授業の
目標
Course
Objectives
s-ブロック元素とp-ブロック元素について,周期表の「族」や「周期」による類似性や系統的変化をふまえつつ,「元素」に立脚して物質の性質や特徴を理解する。 
This course aims to give students an understanding of properties and characteristics of substances of the s-block and p-block elements of the periodic table, standing on "the elements", while taking account of the similarities and systematic changes depending on "groups" and "periods". 
授業の
内容
Course
Contents
無機化学は周期表上の全ての「元素」を対象とする学問である。多様で変化に富む元素とその化合物の性質は,原子軌道と分子軌道に基づき,その大部分を合理的に理解できる。
本講義では,s-ブロック元素, p-ブロック元素とその化合物の性質について,周期表の「族」や「周期」に着目して学んでいく。各論的に元素の性質を覚えるのではなく,族ごとの元素の類似性と相違性を系統的に理解することを目的とする。
「無機化学1」で学んだ「水素」に続き,まず,多くの元素と化合物を形成する「酸素」について,元素の特徴,単体,化合物(酸化物)について学ぶ。
その後,「族」ごとに,「族」内の相似性,相違とその変化傾向,ならびに,「族」間の相違とその変化傾向などについて俯瞰的に学んでいく。 
Inorganic chemistry is a field that deals with all elements found on the periodic table. Characters of diverse elements, and properties and bonds of compounds formed by combination of the elements can be logically understood based on atomic and molecular orbitals.
In this lecture, students will learn about s-block and p-block elements and the properties and bonds of their compounds, while paying particular attention to the groups and periods of the periodic table. The course will not consist of memorizing the properties of each element one-by-one, but rather understanding the similarities and differences of each group of elements systematically.
Continuing from Inorganic Chemistry 1, where students learned about hydrogen, the course will first cover oxygen, which forms compounds with almost of all elements. Students will learn about the character of oxygen as the element, and the properties and bonds of the compounds (oxides).
Afterwards, students will learn about the similarities and differences exhibited by elements within each group on the periodic table. Trends of element’s periodicity within and across groups will be discussed.
 
授業計画
Course
Schedule
1. 酸素:元素,単体,製法,用途 
2. 酸素:第2周期と第3周期の酸化物,水 
3. 酸素:酸化物1 
4. 酸素:酸化物2 
5. 酸素:酸化物3 
6. 16族(カルコゲン)1:元素,単体,化合物 
7. 16族(カルコゲン)2:元素,単体,化合物 
8. 17族(ハロゲン)1:元素,単体,化合物 
9. 17族(ハロゲン)2:元素,単体,化合物 
10. 18族(貴ガス):元素,単体,化合物 
11. 15族:元素,単体,化合物 
12. 14族:元素,単体,化合物 
13. 13族:元素,単体,化合物 
14. 1,2族:元素,単体,化合物 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
『無機化学入門』と『無機化学1』を復習しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
使用しない。
参考文献
Readings
独学・自習用テキストとして,シュライバー・アトキンス『無機化学 (上)/(下)』(東京化学同人 2008 4807906674/4807906682)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
復習を推進し,内容の理解を深めるため,復習課題を提供する。志あるものは取り組んでほしい。
この復習課題は成績評価には含まれない。しかし,授業を受けて,間をおかずに復習し,毎回復習課題に取り組むことは,結果的に期末試験の成績をより望ましいものにすることとなる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP