シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CC179/物理化学3
(Physical Chemistry 3) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 永野 修作(NAGANO SHUSAKU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 1203(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE2210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CC179 



授業の
目標
Course
Objectives
量子的な分子軌道の基礎概念および取り扱い(近似的手法)を学び、物理化学的な意味を理解する。分子構造や分子の電子状態を理解し、分光学、核磁気共鳴の基礎を習得する。 
In this class, students study the basic concept of the molecular orbital method and understand the molecular structure and electronic state of molecules. Moreover, students also study basic spectroscopy, magnetic resonance, and X-ray scattering on how to evaluate molecular structure based on quantum chemistry and structural chemistry. 
授業の
内容
Course
Contents
分子構造を量子論的に理解することは現代化学において必須である。分子軌道法の基礎概念および物理的な意味を習得し、分子構造や分子の電子状態を理解する。また、光と分子の相互作用から分子構造や電子構造を解析する分光学について学び、振動回転スペクトル、電子スペクトルを理解する。さらに、磁気共鳴やX線散乱の基礎を習得し、化学に用いられる構造解析法の原理を理解する。 
To understand the molecular structure from quantum theory is necessary for structural analysis and studies on optical and electronic molecular properties. In this lecture, students study the basic concept and physical meaning of the molecular orbital method and understand the molecular structure and molecular electronic state. Students also study on spectroscopy, which analyzes molecular and electronic structures from the interaction between light and molecules. Students understand vibrational and rotational spectra and electronic spectra. Besides, students learn the basics of magnetic resonance and X-ray scattering for the structural analysis methods in chemistry. 
授業計画
Course
Schedule
1. 量子化学の復習 
2. 近似的手法(変分法と摂動法) 
3. 化学結合(水素分子)  
4. 化学結合(二原子分子)  
5. 混成オービタル 
6. π電子系の取り扱い(ヒュッケル近似) 
7. 演習問題 
8. 分子分光学の基礎 
9. 分子の回転 
10. 二原子分子の振動 
11. 多原子分子の振動 
12. 赤外吸収スペクトルとラマン散乱スペクトル 
13. 電子遷移と電子スペクトル 
14. 核磁気共鳴 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
物理化学2を復習しておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 80  %  
平常点(In-class Points) 20  %
リアクションペーパー課題(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. P. W. Atkins and J. de Paula  『アトキンス 物理化学(上) 第10版』   東京化学同人  2017  9784807909087 
2. P. W. Atkins and J. de Paula  『アトキンス 物理化学(下) 第10版』   東京化学同人  2017  9784807909094 
その他(Others)
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. マッカーリ サイモン  『物理化学(上)分子論的アプローチ』   東京化学同人  2013   
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
注意事項
Notice
 


PAGE TOP