シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CC182/高分子化学
(Polymer Chemistry) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 森本 正和(MORIMOTO MASAKAZU) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 金曜日(Fri) 3時限(Period 3) 4339(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE3410 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CC182 



授業の
目標
Course
Objectives
理学部学位授与方針/学修成果に掲げる「専門とする科学の分野において,基礎的な原理,法則,理論を理解し応用することができる」を実現できるよう,高分子化学の基礎,特に高分子化合物の構造と性質,および高分子合成反応の基本となる有機化学を理解する。 
A degree from the College of Science is a result of much hard work and study, and is meant to show that a student “understands the fundamental principles, laws, and theory in [their] chosen field, and can apply them as necessary.” In order to make such a statement true, this course will cover the fundamentals of polymer chemistry, specifically focusing on the structures and properties of polymer compounds as well as organic chemistry in polymer synthesis. 
授業の
内容
Course
Contents
高分子化合物は,合成繊維・包装材料・耐熱材料など,私たちの生活に欠かすことにできない素材として広く用いられている。本授業では,高分子化合物の構造と性質における特徴を低分子化合物と対比しながら述べたあと,単量体を高分子へ変換する化学反応(重合反応)や高分子の化学反応について有機化学の観点から解説する。また,光・電子機能材料や医療用材料として用いられる機能性高分子や,高分子に関する最近の学術研究についても紹介する。 
Polymers are widely used as indispensable materials in our daily life, such as synthetic fibers, packaging materials, heat-resistant materials, and so on. In this course, the structure and properties of polymers will be discussed in comparison with low-molecular-weight compounds and then students learn about the chemical reactions that convert monomers into polymers (polymerization reactions) and the chemical reactions of polymers from the viewpoint of organic chemistry. In addition, examples of functional polymers used in electronics, photonics, biomedicine, and other fields and recent academic research topics will be introduced.  
授業計画
Course
Schedule
1. 高分子化合物の現代社会における役割 
2. 高分子化合物の特徴 
3. 縮合重合(1) 
4. 縮合重合(2) 
5. ラジカル重合(1) 
6. ラジカル重合(2) 
7. ラジカル重合(3) 
8. イオン重合 
9. 金属錯体による重合(立体規則性重合) 
10. 開環重合 
11. ブロック共重合とグラフト共重合 
12. 高分子の化学反応 
13. 機能性高分子 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
これまでに学習した有機化学の内容を事前に復習しておく。
授業中に学習した内容を復習する。
秋学期開講の「高分子物性」も併せて履修することを勧める。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
授業中に指示する提出物(40%)
テキスト
Textbooks
授業中に資料を配布する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 井上祥平  『高分子合成化学 改訂版』   裳華房  2011  978-4-7853-3087-3 
2.           
その他(Others)
その他,必要に応じて授業中に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
板書・プリント資料・視覚教材(スクリーン投影)を用いる。
提出物(演習問題など)について授業中に解説し,フィードバックを行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP