シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CC187/化学の最前線
(Frontier of Chemistry) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 箕浦 真生(MINOURA MAO)他 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 1時限(Period 1) M202(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE2010 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CC187 



授業の
目標
Course
Objectives
各専門分野の最新の研究内容を聞くことによって,研究とはどのようなものか,どのように進展していくかについて学ぶ。 
By hearing about the contents of the latest research in various specialized fields, students will learn exactly what research is and what it entails. 
授業の
内容
Course
Contents
各教員の専門分野における最新の研究内容について,その背景や関連研究も含めて講義する。授業担当者が各1回ずつ行う。「研究実験」の関係科目でもあるので,「研究実験」を履修希望者は,是非聴講願いたい。また,「卒業研究」研究課題にも関連するので,「卒業研究」履修予定の学生も本講義科目を履修することが望ましい。 
Each professor will discuss the latest research in their respective fields of specialization, including the background information and related research. This course is related to “Research Experiments,” and as such, those who wish to take that course in the future are urged to register for this course. In addition, this course is related to the Graduation Research, thus students who plan to register for that course should optimally take this course as well. 
授業計画
Course
Schedule
1. 有機元素化学の最前線 
2. 解析分離化学(ソフトマターが関わる分子間相互作用の動力学) 
3. 新物質相としての表面 
4. エネルギー変換に挑戦する錯体化学 
5. 光機能分子材料 
6. フラグメント分子軌道法の開発と応用  
7. 色が変わる金属錯体・光る金属錯体 
8. 高機能分子触媒の最前線 
9. 1分子計測で解き明かすナノ物質の光物理化学 
10. ナノテクノロジーとナノバイオ計測 
11. 高分子薄膜の分子配向と構造解析 
12. 異分野融合が拓く生命分析化学 
13. 化学の最前線 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
各教員より配付される資料を使って予習・復習する。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
各教員から提示される課題の合計点(100%)
テキスト
Textbooks
なし。適宜資料を配付する。
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
各回の日程・内容等については、掲示するので必ず確認をすること。
必要に応じて講義をオンデマンド配信にて行なう場合もある。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP