シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CC207/錯体化学 2
(Coordination Chemistry 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
遷移金属錯体の化学反応 
担当者 (Instructor) 和田 亨(WADA TOHRU)
中薗 孝志(NAKAZONO TAKASHI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 5時限(Period 5) 4342(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
CHE3510 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CC207 



授業の
目標
Course
Objectives
結晶場理論や配位子場理論に基づき、遷移金属錯体の反応性について論理的に理解する。さらに有機合成反応に欠かすことの出来ない有機金属錯体の合成と反応性について学ぶ。 
In this course, students will gain a better understanding of the reactivity of transition metal complexes through the use of crystal field theory and ligand field theory. Furthermore, students will acquire important knowledge concerning the synthesis and reactivity of organic metal complexes. 
授業の
内容
Course
Contents
この講義では遷移金属錯体の反応について解説する。遷移金属錯体は、多くの有機合成反応の触媒として用いられているばかりではなく、生体内酵素の活性部位や、様々な機能性材料であることが知られている。錯体化学、有機化学、生物化学など多分野で、遷移金属錯体の基本的な反応性を理解することが重要である。前半は、錯体化学的な見地から、遷移金属錯体の置換反応、酸化還元反応、光化学反応を取り扱う。後半は金属と炭素の直接結合を有する有機金属錯体の基本的な反応と触媒反応について講義する。本授業では結晶場理論と配位子場理論に基づいて解説をする。「遷移元素の化学」もしくは「錯体化学1」で学んだの授業内容は理解している前提で授業を進める。 
In this lecture, reactivity of transition metal complexes will be discussed. Transition metal complexes are not only used as catalysts in organic synthesis reactions, but are also found in the active sites of many enzymes in the human body. They are widely understood to be materials with a broad range of diverse uses. In coordination chemistry, organic chemistry, biochemistry, and many other fields, understanding the reactivity of transition metal complexes is critical. In the first half of the course, students will learn substitution reactions, oxidation-reduction reactions, and photochemical reactions from the viewpoint of coordination chemistry. In the latter half, basic reactions involving organic metal complexes, which contain at least one metal-carbon bond, will be discussed. Catalytic reactions using metal complexes will also be covered. The concepts taught in this course are grounded in crystal field theory and ligand field theory. It is desireble for students who take this class to be familiar with the material covered in Transition Element Chemistry and Complex Chemistry 1. 
授業計画
Course
Schedule
1. 遷移金属錯体の反応〜配位子置換反応(1)〜 
2. 遷移金属錯体の反応〜配位子置換反応(2)〜 
3. 遷移金属錯体の反応〜酸化還元反応(1)〜 
4. 遷移金属錯体の反応〜酸化還元反応(2)〜 
5. 遷移金属錯体の反応〜光化学反応(1)〜 
6. 遷移金属錯体の反応〜光化学反応(2)〜 
7. 中間テスト 
8. 有機金属化学〜構造と18電子則〜 
9. 有機金属化学〜有機金属錯体の結合〜 
10. 有機金属化学〜基本的反応(1)〜 
11. 有機金属化学〜基本的反応(2)〜 
12. 有機金属化学〜触媒反応(1)〜 
13. 有機金属化学〜触媒反応(2)〜 
14. 有機金属化学〜触媒反応(3)〜 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
本講義を受講するに当たり、必ず「錯体化学1」の復習を行うこと。また、必ず教科書を購入し、毎回の授業前には該当箇所を一読してから授業の臨むこと。そうすることで授業の理解度が大きく向上する。授業後には、授業ノートと教科書を照らし合わせて復習を行うこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
中間テスト(40%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. M.Weller他  『シュライバー・アトキンス 無機化学(下)』   東京化学同人  2017  978-4-8079-0899-8 
2. 佐々木陽一・柘植清志  『錯体化学』   裳華房  2009  978-4-7853-3224-2 
3. 山本明夫  『有機金属化学』   東京化学同人  2015  978-4-8079-0857-8 
その他(Others)
講義では図表等はプロジェクターで投影し、プリントとして配付する。しかし、教科書で予習・復習しないと完全に理解することは困難である。必ず教科書を購入すること。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 中澤浩・小坂田耕太郎  『有機金属化学』   三共出版  2014  978-4-7827-0707-4 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
授業は板書と補足資料をスクリーン投影しながら進める。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP