シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/生物物理学1(生命)
(Biophysics 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
生物とエネルギー
(Bioenergetics) 
担当者 (Instructor) 花井 亮(HANAI RYO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) X204(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CD006 



授業の
目標
Course
Objectives
エネルギーの保存、化学反応とエネルギーの関係、生物におけるエネルギーの流れと収支を理解する。反応の速度について理解する。 
In this course, students will learn the conservation of energy, the relationship between chemical reactions and energy, and the flow and balance of energy in biological systems. They will also learn reaction kinetics. 
授業の
内容
Course
Contents
主たる内容は「バイオエナジェティクス(生化熱力学)」である。色々なエネルギーの計算方法を教え、生体内の反応への適用を説明する。加えて、反応の進行を扱う数理の基本(ミカエリスーメンテンの系を含む)を教える。高等学校の数学Ⅲの理解を前提とする。 
This course mainly deals with bioenergetics. It teaches methods to calculate energy in various forms and discuss their application to biological reactions. In addition, it teaches basic mathematical treatment of reaction kinetics, including the Michaelis-Menten scheme. It is assumed that students have mastered level-III high-school mathematics. 
授業計画
Course
Schedule
1. 運動エネルギーと位置エネルギー 
2. 静電エネルギーと化学結合 
3. 光とそのエネルギー 
4. 分子のエネルギーと反応熱 
5. エンタルピーとエントロピー 
6. 温度 
7. ギブスエネルギーと反応の方向 
8. ギブスエネルギーと化学平衡 
9. 酸化還元とギブスエネルギー 
10. 電気化学ポテンシャルとATP生産 
11. 光化学反応 
12. 化学反応速度 
13. 酵素反応速度論1 
14. 酵素反応速度論2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
高等学校で学んだ、微分積分、指数対数の復習をしておくこと。
「基礎化学」の化学平衡の章とpHの章を復習しておくこと。
配布資料の章末問題を自分で解いてみること。「習うより慣れよ」 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 100  %  
テキスト
Textbooks
資料(自作教科書)を配付する。
参考文献
Readings
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. Raymond Chang  『生命科学系のための物理化学』   東京化学同人  2006  4-8079-0645-3 
2. Tinocoら  『バイオサイエンスのための物理化学』   東京化学同人  2004  4-8079-0582-1 
3. Atkinsら  『アトキンス生命科学のための物理化学』   東京化学同人  2008  978-4-8079-0673-4 
4. 松本孝芳  『バイオサイエンスのための物理化学入門』   丸善  2005  4-621-07581-0 
その他(Others)
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
資料はblackboardから配布する。
訂正はメールするので、注意すること。
 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP