シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/生物化学 2
(Biochemistry 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 末次 正幸(SUETSUGU MASAYUKI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 5125(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS2200 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CD010 



授業の
目標
Course
Objectives
細胞は代謝における化学反応を通じて,エネルギーを産生したり,生体分子を合成・分解したりする。この仕組みについて理解する。  
Cells produce energy through metabolic reactions, using it to assemble or disassemble various molecules used in biological processes. This course will teach students how this process works.  
授業の
内容
Course
Contents
代謝とは生きている細胞で行われる化学反応の動的なネットワークである。バクテリアからヒトに至るまで全ての生物で,その基本的な仕組みは共通している。代謝を通じて,細胞は,生体高分子を合成・分解する事ができ,またエネルギーを産生する事ができる。ではどのようにしてこのような高度なイベントを成し遂げられるのか?
この問いに対して,次の項目ごとに具体的に学んでいく。1)糖質を分解して,生命活動に必要なエネルギーを得る機構,2)光合成により植物がエネルギーを作り出す機構,3)脂質やアミノ酸,ヌクレオチドといった生体分子を合成・分解するための機構。 
A cell’s metabolism is a dynamic network of chemical reactions that occur in all living cells. From bacteria all the way to humans, all types of life share this fundamental process. Through their metabolism, cells produce energy, enabling them to both assemble and disassemble various biological macromolecules. Just how do cells manage to pull off such a sophisticated array of processes?
Students will learn the answer to this question through the study of the following topics: 1. The mechanism of how cells metabolize sugars, producing the energy they need to sustain life.
2. The mechanism of photosynthesis, through which plant cells produce energy.
3. The mechanisms through which cells assemble and disassemble various biological molecules, such as lipids, amino acids, and nucleotides. 
授業計画
Course
Schedule
1. 代謝序論 
2. 解糖系1 
3. 解糖系2  
4. クエン酸回路1  
5. クエン酸回路2  
6. 糖新生,ペントースリン酸経路  
7. 電子伝達系とATP合成1  
8. 電子伝達系とATP合成2 
9. 光合成1 
10. 光合成2  
11. 脂質代謝 
12. アミノ酸代謝  
13. ヌクレオチド代謝  
14. 演習  
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
教科書にそって授業を進めます。授業で取り上げた内容について,何度も教科書に目を通して復習すること。 授業内の小テストを自力で解答できるようになっておくこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 70  %  
平常点(In-class Points) 30  %
授業内に指示した提出物(30%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. ホートン  『ホートン生化学(第5版)』第Ⅲ部 代謝と生体エネルギー論   東京化学同人  2013  9784807908349  
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
事前にBlackboardに講義内容をアップします。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP