シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
CD011/生物物理学 2
(Biophysics 2) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
構造生物学 
担当者 (Instructor) 花井 亮(HANAI RYO) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 月曜日(Mon) 2時限(Period 2) 4151(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS3210 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CD011 



授業の
目標
Course
Objectives
生命現象を演出している中心的存在はタンパク質分子や核酸分子である。これらの分子の機能が,立体構造から,物理化学的な「力」を経由して,実現していることを,理解する。 
The objective of this course is to provide students with a Structural Biological framework to understand the functions of proteins and nucleic acids, the central actors who play out biological activities: the functions of these biological macromolecules are attained by their three-dimensional structures through various physicochemical "forces." 
授業の
内容
Course
Contents
タンパク質分子や核酸分子の立体構造や機能が,イオン結合,水素結合,ファンデルワールス力,疎水性効果によって実現していることを,具体例によって説明する。その具体例には,分子生物学ですでに学んできた,馴染みのあるシステムをとりあげる。
生物を構成する分子といえども,分子は分子なので,オカルト的なことはない。言わば「死んだ」分子から生命が演出されていることを,繰り返し,しつこいほど,説明していく。 
Case studies on the structure-function relationship of proteins and nucleic acids. Systems that students have already learned in Molecular Biology are taken up and quantitatively re-explained in terms of such inter-molecular forces as ionic bond, hydrogen bond and van der Waals force, and hydrophobic effect. These interactions are also delineated. It is emphasized that living organisms have evolved to today's form within the bounds of physics and chemistry. 
授業計画
Course
Schedule
1. イントロ
タンパク質構造(1) 
2. タンパク質構造(2) 
3. タンパク質構造(3) 
4. 核酸構造(1) 
5. 核酸構造(2) 
6. 遺伝子発現調節の構造生物学(1) 
7. 遺伝子発現調節の構造生物学(2) 
8. 遺伝子発現調節の構造生物学(3) 
9. 遺伝子発現調節の構造生物学(4) 
10. 酵素の構造と機能(1) 
11. 酵素の構造と機能(2) 
12. セントラルドグマの構造生物学(1) 
13. セントラルドグマの構造生物学(2) 
14. まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
タンパク質と核酸の構造について,生化学の復習をすること。
複製,転写,翻訳,遺伝子発現制御について,分子生物学の復習をすること。
酵素反応速度について、生物物理学1の復習をすること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 61  %  
平常点(In-class Points) 39  %
各回のリアクションペーパー(39%)
テキスト
Textbooks
資料を配付する
参考文献
Readings
分子生物学や生化学で使った教科書
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
講義資料はblackboardから配布する。
リアクションペーパーへのフィードバックは次回授業で行い,試験の講評はBlackboard を通じて行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP