シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/基礎情報科学(生命)
(Introductory Informatics) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 眞島 恵介(MASHIMA KEISUKE)
林 匡史(HAYASHI MASAFUMI) 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 木曜日(Thu) 2時限(Period 2) 8403(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS1000 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 学びの技法
生命理学科学生限定 
テキスト用コード (Text Code) CD022 



授業の
目標
Course
Objectives
生命理学におけるさまざまな問題解決のために最低限必要なアプリケーションソフトの基礎的な使い方を習得し,実験結果などを整理発表できるようにする。 
In this course, students will learn how to use the computer software used in the life sciences. This knowledge will enable them to better organize and present experimental data and so on. 
授業の
内容
Course
Contents
生命理学におけるさまざまな問題を解決するには,コンピュータを利用したデータ処理が不可欠であり,アプリケーションソフトを必要に応じて上手に使いこなすことが必要である。
本講義では,今後の専門科目を学ぶ際に必要と思われる知識や技術を,一人一人がコンピュータを使用し, 実際にソフトウエアを操作することによって身につけてもらう。
具体的には,Windows環境でのメールの送受信,文書作成,表計算ソフト(Excel)によるデータ処理を行う。
さらに,PowerPointを用いたプレゼンテーションの作成・発表を行う。また,PDBデータを利用したタンパク質・DNAなどの立体構造表示ソフトの使い方についても学ぶ。
講義に続いて講義内容に対する演習を行い,演習レポートを提出してもらう。レポート提出,質問などは,Blackboardで実施する。実際にコンピュータを使った演習時間をできるだけ多く設けるつもりである。 
In order to solve various problems in the life sciences, the assistance of data processing applications is indispensable.
In this course, students will acquire knowledge and skills necessary in their future specialized coursework through getting hands-on experience using various kinds of software.
Specifically, students will use programs for e-mail, document writing, and spreadsheet calculations (Excel) in a Windows environment.
Additionally, students will use PowerPoint to create and give presentations. Furthermore, students will learn how to use software to visualize 3D structures of proteins and DNA using PDB data.
Following lectures, students will complete various exercises related to the material covered, on which they will then write and submit a report. Report submissions and questions will all be handled via Blackboard system. In the class, students will have as much practice time with an actual computer as possible. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス(クラス分け,アンケート),メール(SPIRIT Mail)の設定 
2. コンピュータのしくみ,インターネットの利用 
3. Wordの使い方1 
4. Wordの使い方2 
5. Excelの使い方1 
6. Excelの使い方2 
7. Excelの使い方3 
8. Excelの使い方4 
9. PowerPointの使い方1 
10. PowerPointの使い方2 
11. 生命科学関連データベースの検索法 
12. タンパク質,DNAなど立体構造表示法 
13. 総合演習(課題発表)1 
14. 総合演習(課題発表)2 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
宿題という形で授業時間外に取り組んでもらう課題もある。
自宅にコンピュータが無い場合には,PC教室,貸出PCなどを活用し,取り組むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
授業における参加態度(50%) 、授業内に指示した複数回の課題(50%)
備考(Notes)
実習に準ずる科目であるので,原則遅刻は認めない。
テキスト
Textbooks
特に用いない。適宜,授業中にファイル、プリント等を配付して補足する。
参考文献
Readings
必要に応じて授業時間中に紹介する。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
初回の授業で,習熟度によるクラス分けを行う予定である。
課題に対するフィードバックは,授業内およびBlackboardにて行う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP