シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/生命理学実験 1
(Laboratory Experiments in Life Science 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
DNAと遺伝子を中心とした分子生物学実験 
担当者 (Instructor) 関根 靖彦(SEKINE YASUHIKO)他 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) C103(Room)
秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) C103(Room)
秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 5時限(Period 5) C103(Room)
秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 3時限(Period 3) C103(Room)
秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 4時限(Period 4) C103(Room)
秋学期 (Fall Semester) 水曜日(Wed) 5時限(Period 5) C103(Room)
単位 (Credit) 5単位(5 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS2400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 生命理学科学生限定 
テキスト用コード (Text Code) CD028 



授業の
目標
Course
Objectives
DNAとRNAの操作は,理学のみならず,医学,農学,薬学,工学等の広範な生物科学分野で,多種多様な場面で重要な役割を果たしている。DNAとRNAの実験操作の基礎技術を習得するとともに,実験結果の解釈のし方やレポートの書き方などを身につける。 
DNA and RNA manipulation have a wide variety of uses in a diverse array of fields. They play an important role in medicine, agricultural science, pharmaceuticals, and engineering, among other fields. In this course, students will learn the fundamental techniques necessary to manage experiments with DNA and RNA. In addition, they will learn how to interpret data and write reports. 
授業の
内容
Course
Contents
DNAとRNAの抽出と精製,核酸の各種酵素による反応,アガロースゲル電気泳動による解析を中心に,分子生物学・分子遺伝学の基礎的実験を行い,講義科目で学んだことを実地に理解する。 
Focusing on DNA and RNA extraction and purification, reactions of nucleic acids with various enzymes, and analysis via agarose gel electrophoresis, students will conduct fundamental experiments in molecular biology and molecular genetics, applying the knowledge they have acquired from their lecture courses. 
授業計画
Course
Schedule
1. 共通技術の習得: 試薬の量りかた,溶液の作り方,pHの合わせ方 
2. 分子生物学実験Ⅰ
(1) アガロースゲル電気泳動 
3. (2) PCR 
4. (3) コンピュータを使った塩基配列の解析 
5. (4) サザンハイブリダイゼーション・まとめ 
6. 分子生物学実験Ⅱ
(1) 大腸菌へのプラスミドDNAの導入(形質転換) 
7. (2) 大腸菌からのプラスミドDNAの精製 
8. (3) DNAのアガロースゲルからの回収とライゲーション 
9. (4) ゲル電気泳動によるライゲーション産物の解析 
10. (5) 形質転換体からのライゲーション産物の解析・まとめ 
11. 分子生物学実験Ⅲ
(1)植物の形質転換 
12. (2) 植物の遺伝子発現解析 
13. (3) 植物の変異体解析 
14. (4) 遺伝子機能の解析・まとめ 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
実験指針を必ず予習し,手順を流れ図にまとめ直してくること。ノートは指定のものを購入して用いること。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
実験Ⅰ、Ⅱ、Ⅲそれぞれのレポート(計3本、各100%/3)(100%)
テキスト
Textbooks
なし
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
実験科目であり指針の予習が安全のためにも必須である。
病気などでやむをえず欠席する場合は,かならずスタッフまで電話連絡すること。
レポートに対するフィードバックは,授業またはBlackboardを通じて行う。また,個別のフィードバック指導にも応じる。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP