シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/生命理学基礎実験
(Basic Experiments in Life Science) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 末次 正幸(SUETSUGU MASAYUKI)他 
時間割 (Class Schedule) 春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 3時限(Period 3) C303(Room)
春学期 (Spring Semester) 火曜日(Tue) 4時限(Period 4) C303(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS1400 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes) 生命理学科学生限定 
テキスト用コード (Text Code) CD032 



授業の
目標
Course
Objectives
生物とその構成分子に慣れ親しむと共に,生命科学実験の基本的操作を学ぶ。 
In this course, students will learn basic techniques for the experiments in the life sciences while becoming familiar with living things. 
授業の
内容
Course
Contents
基本的な実験であるが,実際の生物材料を対象にしての実験の心構え,正しい観察眼を養う出発点となる実験である。
具体的には,動物の解剖,顕微鏡の取り扱い方と動植物の組織・細胞・染色体等の観察,DNAの制限酵素による切断と電気泳動法による解析,PCR法によるDNAの増幅,薄層クロマトグラフィーによるアミノ酸等の分析,タンパク質の定量分析,細胞の生理的適応の確認,植物の遺伝などを行う。 
Through performing basic experiments using actual living things, students will learn the correct frame of mind necessary to carry out experiments while sharpening their observation skills.
Specifically, students will conduct the following experiments; animal dissections, microscopic observation of plant and animal cells, tissue, and chromosomes, DNA analysis by using restriction enzyme and electrophoresis, PCR, thin layer chromatography ,protein quantitation, the physiological adaptations of cells, and the genetics of plants. 
授業計画
Course
Schedule
1. ガイダンス(安全講習) 
2. マウスの解剖 
3. タマネギ染色体の顕微鏡解析 
4. 大腸菌からのプラスミドDNA抽出 
5. 電気泳動法によるDNAの解析 
6. PCR法によるDNAの増幅1 
7. PCR法によるDNAの増幅2 
8. タンパク質の定量分析 
9. 薄層クロマトグラフィー 
10. 植物の遺伝1 
11. 細胞の生理的適応1 
12. 細胞の生理的適応2 
13. 植物の遺伝2 
14. 植物組織の顕微鏡観察 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
あらかじめ実験指導書を熟読し,実験の内容を把握してから実験に臨む事。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
平常点(In-class Points) 100  %
レポート(9回)(100%)
備考(Notes)
欠席した実験,レポートを提出しない実験はゼロ点になる。
テキスト
Textbooks
各実験について実験指導書を配付する。
参考文献
Readings
特に指定しない。
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
・病気などでやむをえず欠席する場合は,かならず実験技術員まで連絡すること。
・レポートに対するフィードバックは,授業またはBlackboardを通じて行う。また、個別のフィードバック指導にも応じる。
・本実験の座学に関する部分は、生命理学ゼミナール1でも取り扱う。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP