シラバス参照

開講年度(Academic Year) 2021 
科目コード/科目名
(Course Code / Course Title)
自動登録/分子細胞学 1
(Molecular Cytology 1) 
テーマ/サブタイトル等
(Theme / Subtitle)
担当者 (Instructor) 堀口 吾朗(HORIGUCHI GOROU) 
時間割 (Class Schedule) 秋学期 (Fall Semester) 火曜日(Tue) 2時限(Period 2) 5321(Room)
単位 (Credit) 2単位(2 Credits) 
科目ナンバリング
(Course Number)
LFS2300 
使用言語
(Language)
日本語
(Japanese) 
備考 (Notes)  
テキスト用コード (Text Code) CD033 



授業の
目標
Course
Objectives
生物が持つ遺伝情報が細胞増殖や生殖により受け継がれる仕組みを,細胞内の様々な分子装置の働きから理解する。 
The genetic material possessed by living things is passed on via mitosis and reproduction. This course aims to teach students about these processes on the molecular level. 
授業の
内容
Course
Contents
春学期の「生物学序論」と「生命理学概論」からさらに発展する形で,遺伝子としてのDNAが親から子へどのように受け継がれて行くのかを紹介する。まず,なぜDNAが遺伝情報を担う分子たり得るのかを復習する。次に,DNAの複製・修復,細胞の増殖と死の仕組みについて,これらの過程を制御するタンパク質や細胞骨格に注目して説明する。さらに、メンデル遺伝の法則と原理について,生物の生殖過程と対応づけて紹介するとともに、この法則に従わないオルガネラの遺伝についても紹介する。 
Building on the material taught in Introduction to Biology and Introduction to Life Science in the spring semester, students will learn exactly how genes in the form of DNA are passed from parent to child. First, the lecture will review why DNA molecules alone are sufficient as a means of storing genetic information. Next, students will learn about DNA replication and repair, along with cellular reproduction and cell death. Particular attention will be given to the proteins and cytoskeletons that regulate these processes. Furthermore, Mendel’s Laws of Heredity will be discussed along with the principles behind them. The lecture will also cover how living things reproduce as well as how organisms cope with reproduction. In addition, inheritance of organelles that does not follow Mendel's Laws will be introduced. 
授業計画
Course
Schedule
1. 遺伝物質としてのDNAの構造と機能 
2. 染色体の構造と機能・DNAの複製 
3. 突然変異とDNAの修復、相同組換えとトランスポゾン 
4. 細胞骨格:中間径フィラメントと微小管 
5. 細胞骨格:アクチンフィラメントと筋収縮 
6. 細胞周期の概要 
7. サイクリン依存性キナーゼの働き 
8. 細胞周期のM期の概要 
9. 紡錘体の形成と機能 
10. 細胞外シグナルと細胞増殖 
11. 細胞死の役割と仕組み 
12. メンデル遺伝 
13. オルガネラの遺伝 
14. 実験手段としての遺伝学 
授業時間外
(予習・復習
等)の学習
Study
Required
Outside
of Class
あらかじめ教科書を熟読し講義に臨むこと。 
成績評価
方法・基準
Evaluation
種類(Kind) 割合(%) 基準(Criteria)
筆記試験(Written Exam) 60  %  
平常点(In-class Points) 40  %
リアクションペーパー(20%) 、宿題(20%)
テキスト
Textbooks
No 著者名
(Author/Editor)
書籍名
(Title)
出版社
(Publisher)
出版年
(Date)
ISBN/ISSN
1. 中村桂子,松原謙一  『Essential 細胞生物学(第4版)』   南江堂  2016  978-4-524-26199-4 
その他(Others)
参考文献
Readings
その他
(HP等)
Others
(e.g. HP)
講義に用いるレジメはBlackboardを通じて配付する。 
注意事項
Notice
 


PAGE TOP